Lose公式とwhispさんをフォローして、最新情報をチェックしよう!

マイページへ

Ci-enはクリエイターに対して、金銭的な支援を送ることができるサービスです。

「ふかみちゃんと一年中」スイートアニバーサリーボイス「七夕(7/7)」台本(進行豹

こんばんわです! 進行豹でございます!! 



抱き枕カバー連動センサー対応ボイスコンテンツ開発のためのクラウドファンディング!
「ふかみちゃんと一年中!!」


http://vigorball.com/project/s/project_id/31

本日も粛々と、スイートアニバーサリーボイスのご紹介をさせていただきたく存じます!

ご紹介させていただきますのは、
『7/7 七夕』です!!

こちらもみなさまのお力いただけましたおかげで(ありがとうございます!)
90ワード、ベストつくして書き上げることができましたので、

以下にその全て!! どどんとご紹介させていただきます!!!


//////////

早瀬ふかみ_七夕(7月7日)_手_日常

「今日は、うふふっ、七夕ですね! 七夕飾り、あちこちで賑やかですよね~」 fuk_0707_te_01

"「織姫と彦星って、すごいですよね――
1年にたった1日だけしか会えないなんて……それでずうっと、お互い恋をし続けてるなんて」" fuk_0707_te_02

"「あなたに恋して、会えない切なさをはじめて知って――
織姫と彦星のすごさ。わたし、本当にわかった気がします。です」" fuk_0707_te_03

"「知ってました? 織姫って、お裁縫が得意なんだそうです。
わたしは――えへへ、これから勉強しなくちゃ、ですね!」" fuk_0707_te_04

"「七夕、旧暦でやるとこもありますよね~
旧暦は、太陰暦――お月さまの満ち欠けベースのこよみだから、
七夕的には、その方が都合いいんだそうです。です」" fuk_0707_te_05

"「旧暦の七夕だと、月は必ず上弦の月――
だから、月が地平線に沈む時間が早くて、天の川を綺麗に見られる可能性が、
月齢が安定しない太陽暦の七夕よりも、たかくなるんだそうですよ?
わたし、図書館の本で読みました! です」" fuk_0707_te_06

"「副丘の小氷(おごおり)に、たなばた神社、っていう神社があって――
わたし、おじいちゃんたちに連れてってもらったことがあるんです。
それでね? そこの七夕は、旧暦の七夕だったから、わたし――
『みんな、カレンダーいっかげつも間違ってる』って、すっごくびっくりして、ドキドキしちゃいました、です」" fuk_0707_te_07

"「七夕様の、七夕飾り――川に流したことありますか?
地方によってはやるみたいなんですけど……わたしは、経験ないんです」" fuk_0707_te_08

"「短冊。ね? 飾りましょ?
うふふっ、何色の短冊にしますか?」" fuk_0707_te_09

"「きゃ! やぁだ。ダメですよぉ。
短冊、願いごと書いてあるんですから……
見られちゃったら、はずかしい。です」" fuk_0707_te_10


早瀬ふかみ_七夕(7月7日)_頭_日常
"「♪さーさーのーはーさーらさら のーきーばーに ゆーれーる (1)」
うふふっ、『のきば』って屋根の下端のことだって、わたし、ちっちゃいとき知らなくて。
牧場みたいなとこで七夕飾りが揺れてる光景――なんとなく想像してました、です」
(
1)著作権消滅確認済" fuk_0707_at_01

"「『きんぎんすなご』のすなごって、金箔とが銀箔を細かくして、粉状にしたもののことなんですって。
実物わたし、まだ見たことないんですけど――
黒い紙の上にちりばめたらきっと、本当のお星様みたいになるんでしょうね~」" fuk_0707_at_02

"「『ごしきの短冊』の五色(ごしょく)って、どんな色だかわかります?
あれはですねぇ――緑、赤、黄、白、黒の五色なんですよ!」" fuk_0707_at_03

"「ごしきの短冊の五色は、陰陽五行説が由来なんだそうですよ?
緑が木、赤が火、黄色が土、白が金(かね)、黒が水――
ぼっかどごんすい、っていうヤツですね~」" fuk_0707_at_04

"「ごしきの短冊、陰陽五行が由来なんだそうですから――
水とか川にかかわるお願いごとは、黒か、黒の代用になる紫の短冊に書くといいんだそうです。
わたしの、自分でのイメージカラーってすみれ色……紫だから、
えへへ、なんだか縁を感じて、うれしいです! です」" fuk_0707_at_05

"「五色の短冊の意味がわかると、お願いごともしやすくなりますよね~。
お金にまつわることなら白とか、おうちを建てるなら、木を表す緑とか!
あ、でもコンクリートのお家だと、土を表す黄色の方が……いいのかな?」" fuk_0707_at_06

"「七夕はもともと中国伝承のお祭りなんだそうですけど――
笹飾りして、短冊下げて……っていうヒノモト式の七夕には、
逢坂の甘野川流域発祥説があるんだそうです。
織物が盛んだったから、その神様がいて、それが織姫牽牛伝説と一体化していった……みたいな」" fuk_0707_at_07

"「日ノ本の貴人が仲国に渡って、機織りの女の人と恋におちて、けど、日ノ本で離れ離れになっちゃった。
それが、神様のお告げで、天の川にたらいを浮かべて、水鏡に移る姿との逢瀬を楽しめるようになった――
っていう伝承も、副丘の棟方(むなかた)神社に残ってるそうです。
それも、日ノ本式の七夕の起源――っていう説もあるみたいですね」" fuk_0707_at_08

"「多分、ですけど。仲国から伝わった七夕の伝承が、日ノ本のいろんなとこで、いろんなふうに解釈されて。
それが広まって混じり合って、
いまの、わたしたちが楽しんでいる『たなばたさま』が産まれたんじゃないかなって、わたし、想像します。です。
そういうのって――(タメイキ)――ロマンですよね~!!」" fuk_0707_at_09

"「わたし、天の川好きなんですよ。お空に浮かぶ川だから。
だから……えへへ、七夕とか天の川の本、たくさん読んでて。
実は、結構くわしかったりするんです!」" fuk_0707_at_10


早瀬ふかみ_七夕(7月7日)_腹_日常

"「今日は、七夕にちなんで、浴衣の日でもあるんだそうです。
七夕に浴衣、素敵ですよね~。
来年はきちゃそうかなぁ……ね? どう思います?」" fuk_0707_hr_01

"「今日は、七夕にちなんで、浴衣の日でもあるんだそうです。
七夕に浴衣、素敵ですよね~。
来年はきちゃそうかなぁ……ね? どう思います?」" fuk_0707_hr_02

"「お父さんの実家の方の風習らしくて――
わたしのおうちは、7/7。必ずそうめん食べてたんです。
病気にかかりづらくなる、って――
あなたはどうです? 食べてます??」" fuk_0707_hr_03

"「七夕の日にそうめんたべるの、軽く調べたら仲国由来の風習……みたいですね。
ちょこっと興味出てきちゃったから、今度、図書館行って調べてみます、です!」" fuk_0707_hr_04

"「織姫様はもともと機織りをする乙女。彦星さんは、牽牛さんだから、牛飼いさん。
ふたりとも、最初はお仕事熱心な人たちだったっていうお話だから、七夕様の願いごと――
お仕事に関係するものだと叶いやすいって、わたし、聞いたことあります。です」" fuk_0707_hr_05

"「短冊に願いことかけるのは、もともとの仲国のお祭り――きっこうでん、っていうのが由来なんだそうです。
織姫様は、織物とかお裁縫とかが上手だから――針と、五色(ごしき)の糸を捧げて、
お裁縫が上手になりますように、っていうのが一番最初だったんですって」" fuk_0707_hr_06

"「願い事を短冊に書く、っていう風習は、どうも日ノ本から始まったらしいんですよ。
平安時代、梶の葉っていう、神様の前に捧げるための葉っぱの上に、
毛筆と炭で願いごとを書くようになって――それが、短冊に変化していったんだそうです」" fuk_0707_hr_07

"「御一夜温泉駅、って、毎年、七夕様の飾り付けやるじゃないですか。
あれね? うちの治おじいちゃんが、笹の提供、してるんですよ~」" fuk_0707_hr_08

"「うちの川下りでも、毎年、治おじいちゃんの笹、七夕飾りにつかってるんです。
うちのはですね、えへへへへ~
その年で一番立派なの! 優先でまわしてもらってるんです」" fuk_0707_hr_09

"「七夕飾りはいいんですけど、短冊切りして、お客さんのための準備をするの――
あれって結構単調で、だんだん飽きてきちゃうんですよね~」" fuk_0707_hr_10


早瀬ふかみ_七夕(7月7日)_手_いちゃ

「七夕の日を、あなたと一緒にすごせるの――ロマンティックでうれしいです」 fuk_0707_te_ic_01

「織姫を見習って、お裁縫と、あと編み物も! わたし、勉強はじめたんですよ?」 fuk_0707_te_ic_02

"「わたしの今年の短冊ですか?
もちろん、見てもいいですよ?
『あなたとずっと、一緒にいられますように――』
願い、たったひとつですから」" fuk_0707_te_ic_03

"「一年にたった一日だけしか、もし、わたしたちがあえなくなっちゃったとしたら。
ね? あなたは―― その一日を、どんなふうに、ふたりで、過ごしてくれますか?」" fuk_0707_te_ic_04

"「笹の葉もサラサラですけど――うふふっ!
わたしのお肌も、けっこうサラサラ、すべすべでしょう?」" fuk_0707_te_ic_05

「普通の着物はもちろんですけど、浴衣でも、帯って結構、かわいく、形良く結ぶの、難しいですよね~」 fuk_0707_te_ic_06

"「あの、ね? ネットでみた、これ――この結び方で浴衣の帯、決めたいんですけど――
一人じゃちょっと、むつかしくって――。もしよかったら、えと、手伝ってもらえませんか?」" fuk_0707_te_ic_07

"「あなたの短冊……わたし、ええと――
もしもイヤじゃなかったら、見せてほしいって……思います、です。はうっ」" fuk_0707_te_ic_08

"「短冊は、やっぱり墨文字っぽく書きたいですから。
今年は、えへへ、筆ペン用意してあるんですよ~」" fuk_0707_te_ic_09

"「クマ川くだりの、七夕飾り――
結構あれ、力仕事だから……
もしよかったら、来年、とか――あなたと一緒に、してみたい。です」" fuk_0707_te_ic_10


早瀬ふかみ_七夕(7月7日)_頭_いちゃ

"「七夕って、もともとは仲国起源なんだそうですけど、
仲国ではすっかりすたれちゃってたそうです。けどね? 今は、
西洋からバレンタインが入ってきた影響で――
仲国版のバレンタインデーとして復活してるそうですよ! うふふっ、ロマンティックですね~!」" fuk_0707_at_ic_01

"「仲国の七夕……いまは、仲国版のバレンタインで、恋人同士の日なんだそうですけど――
バレンタインが恋人同士の日なのって……チョコとか送ったりするのって――日ノ本独自の風習ですよね?
そういうのが入り混じっていって、あたらしい文化が産まれるの――
すごくなんだか、ワールドワイドな感じですよね~」" fuk_0707_at_ic_02

"「織姫と彦星って、もともとは夫婦だったんですけど、イチャイチャしすぎて、
お仕事とかさぼるようになっちゃって――それで、引き離されちゃったそうなんですよ。
……わたしたちも、ね? そうならないよう――(ちゅっ!)――うふふっ。気をつけなくっちゃ、ダメですね~」" fuk_0707_at_ic_03

"「七夕飾りの願いごとって……あんまりよくないことって思いますけど、だけど――
ついついついつい、見ちゃいますよね?」" fuk_0707_at_ic_04

"「わたし、古典とかそんなに強い方じゃないんですけど――たったひとつだけ、諳んじられるもの、あるんです。
『星はすばる。ひこぼし。ゆうづつ。よばいぼし、すこしをかし。尾だになからましかば、まいて』。
オススメの星の中に、天の川も織姫星もないのがちょっとだけ残念ですけど――とっても綺麗な言葉ですよね~」" fuk_0707_at_ic_05

"「新暦だと、雨――七夕の日にふっちゃうことも多いですよね。
梅雨、あけきるかわからない時期ですもんね……」" fuk_0707_at_ic_06

"「七夕の日にふる雨って、ね? ちゃんと、名前があるんです。
催涙雨(さいるいう)……涙を、催す雨っていう――ちょっとさみしい、お名前が」" fuk_0707_at_ic_07

"「雨になると、天の川も増水しちゃうんですよね、きっと――
だから、一年に一度の逢瀬が、果たせなくなっちゃう」" fuk_0707_at_ic_08

"「浴衣、ですから……髪、ゆってみてもいいかなぁって思うんですけど。
ね? あなたはどっちがいいです? 結い上げるのと、いつもの髪と」" fuk_0707_at_ic_09

"「え? うなじ、ですか? もちろん、です。ん、っと――<SE 髪を持ち上げる>
……いくらでも見ても……さわっても、いいです、よ?」" fuk_0707_at_ic_10


早瀬ふかみ_七夕(7月7日)_腹_いちゃ

"「お仕事が……わたしとあなたの天の川。ですよね~。
お仕事、私大好きですけど――それでもやっぱり、あなたと会えない時間って思うと、寂しいです」" fuk_0707_hr_ic_01

"「えへへへへ~。七夕の日は、浴衣の日!
どうです? 浴衣、わたし今年は、きちゃいました!
似合ってますか?」" fuk_0707_hr_ic_02

"「わたし、気になって調べたんですけど。7/7にそうめんたべるの、ちゃんと由来があったんですね~。
中国で、病気になったこどもが7/7に亡くなっちゃって、たたるようになって、疫病がひろまって。
で、こどもが好きだった中国版のそうめんを捧げたら、疫病がおさまった――
だから、7/7にはそうめんで病気よけを、っていうことになったらしいです」" fuk_0707_hr_ic_03

"「7/7のそうめんって、宮中食になった、っていう記録があるそうなんですよ。
だから、ひょっとしたらヒノモトノミカドも――今日のお昼は、うふふっ、
おそうめん召し上がってるかもですね」" fuk_0707_hr_ic_04

"「天の川をわたるには、かささぎの橋、書けるんですよね。確か。
うふふっ、織姫様、ダイエットしとかないと、かささぎさんたち、大変ですね」" fuk_0707_hr_ic_05

"「あれ? 織姫と彦星って――どっちがどっちに会いにいくんでしたっけ?
日本の風習的には、男の人が女の人のところに行くような感じですけど……
もともとは七夕、仲国のお祭りですし――どっちだろ?」" fuk_0707_hr_ic_06

"「え? 『浴衣の下に下着をつけるかどうか』です?
そんなの当然……あ、ううん。うふふっ、答えは、ナイショ、です」" fuk_0707_hr_ic_07

"「気になるんなら、確かめてくれても、いい――です、よ?
浴衣の下に、下着、わたしがつけているのかどうか」" fuk_0707_hr_ic_08

"「結構、浴衣って通気性悪いんですね……
少し蒸れて、わたし、汗かいちゃいました、です」" fuk_0707_hr_ic_09

"「あの、ね? 浴衣の襟首のところから――
わたしの背中……拭いてもらっても、いいです、か?」" fuk_0707_hr_ic_10


早瀬ふかみ_七夕(7月7日)_手_家族

"「あなたと一緒に暮らせてること……離れ離れにならないで、ずっと一緒にいられること。
幸せだなぁって――七夕だから、かな? なんか、しみじみ思っちゃいます」" fuk_0707_te_kz_01

"「そうだ、今年のクリスマスには、なにか手編みか、手縫いのプレゼント、おくっちゃいますね?
織姫を見習ってはじめた手芸――やっと最近、自信、ついてきたんです!」" fuk_0707_te_kz_02

"「織姫星は、琴座のベガ。ひこぼし、牽牛星は、わし座のアルタイル。
星の距離でいったら、ふたつ、15光年も離れちゃってるそうなんですよ。
そう考えると、年イチペースでデートしてるの……ふたり、めちゃくちゃ頑張ってますよね!」" fuk_0707_te_kz_03

"「プラネタリウムで聞いたんですけど――
織姫星って、アルラビアの言葉では『急降下する鷲』。彦星は逆に、『飛翔する鷲』っていう意味なんだそうです。
七夕伝承と全然関係ない地域でも――ふたり、対になってて、離れ離れになっちゃうんですね~」" fuk_0707_te_kz_04

"「天の川って、わたしたちの地球も太陽も含まれている、『天の川銀河』を、内側から見た姿なんだ、って、
わたし、プラネタリウムで聞いたんですけど――
なんだか、それって、わかったようなわからないような感じなんですよ。だから……
もし、あなたがくわしかったら――わかりやすく教えてもらえると、うれしいです。です」" fuk_0707_te_kz_05

"「天の川銀河って、45億年したら、アンドロメダ銀河っていう他の銀河と衝突しちゃうそうなんですよ。
そのとき、なんか重力が働いてどうこうっていう話ですから――
織姫と彦星、そのころには、いまよりは会いやすくなれちゃうかもですね!」" fuk_0707_te_kz_06

"「『ずっと、一緒にいられますように――』
うふふっ、短冊にかけてる願い。あなたとわたし、おんなじですね!」" fuk_0707_te_kz_07

"「ポーレットさんに聞いたんですけど、さすがに、フランクにまでは七夕の風習、
伝わってないみたいです。
フランクにまで伝わってたら、すごくドラマティックなお祭りに発展しそうですけど……残念ですね~」" fuk_0707_te_kz_08

"「御一夜鉄道の短冊に、ね? 『妹の病気がなおりますように。 りか』って願いごとがかかってて。
ちょっと切なくなってとなりの短冊みたら――『りかちゃんのおねがいごとがかないますように』って――
『れいな』って、書いてあって――
わたしもすぐに、れいなちゃんの真似っ子、しちゃいました、です!」" fuk_0707_te_kz_09

"「そういえば、御一夜鉄道の人たちって、『なながつなのかの七夕』って言うんですよね、しちがつじゃなく。
あれきっと、イチとシチを間違えないようにって――ひとつの風習なんでしょうね~」" fuk_0707_te_kz_10


早瀬ふかみ_七夕(7月7日)_頭_家族

"「七夕祭り……棟方のとか、仙岱のとか!
ね? 来年は、一緒におでかけしてみませんか? です」" fuk_0707_at_kz_01

"「もしもわたしたちにこどもができたら……
日ノ本各地のいろんなところの七夕祭り――
うふふ、つれていってあげたいなぁって、思います」" fuk_0707_at_kz_02

"「仙岱の七夕って、旧暦の七夕の日を中心に、3日間開催するんですけど――
『どのうちの一日には必ず雨が降っちゃう』っていう都市伝説があるそうなんです。
なんだか結構、不憫ですよね、織姫彦星」" fuk_0707_at_kz_03

"「織姫神社、っていう、織姫そのものを祀っってある神社も、
都知木県の海驢臥(あしかが)市にあるそうなんですよ。
いつか、ね? 一緒に訪ねてみましょうね?」" fuk_0707_at_kz_04

"「わたし、怪獣映画ってあんまり見たことないんですけど――
『空の大怪鳥 ドラン』っていうのだけは、阿曽山から産まれたってことで、家族で見たことあるんです。
で、わたし、パンフレット買ってもらって、監督さんのこと調べたら、
監督さん、なんと七夕産まれで! うふふ、なんだかすごくうれしくって、今も覚えています。です」" fuk_0707_at_kz_05

"「7月7日は、ポニーテールの日でもあるんですって。
七夕の日から、浴衣の日ができて。で、浴衣の日から、浴衣に似合う髪型ってことで、
ポニーテールの日ができた、って。
うふふっ、こういう連鎖も、おもしろいですよね~」" fuk_0707_at_kz_06

"「今日は、ポニーテールの日でもあるから、日々姫さんの日でもありますよね。
っていうか実際、あの人、ちょっとずるいくらいに浴衣、似合いますからね~」" fuk_0707_at_kz_07

"「真闇さんとかポーレットさん、浴衣姿になると、さらに凶悪っていうか――
ああいえ、なんでもない――っていうか! もうっ! 想像とかしちゃ、めーーっ! ですよ?」" fuk_0707_at_kz_08

"「稀咲さんも、すごく浴衣似合うし――
あの人のポニーテールって、めったに見れないレアケースですけど。
もう、ものすごくキリってしてて、かっこよくって素敵なんです」" fuk_0707_at_kz_09

"「ハチロクちゃんも、ポニテも浴衣も、似合うでしょうね~
なんていっても王道黒髪! ザ! 日ノ本撫子ですもんね~」" fuk_0707_at_kz_10


早瀬ふかみ_七夕(7月7日)_腹_家族

"「どうです? 七夕の、浴衣の日の浴衣。
今年のは、なんと! うふふ~っ、おかあさんと合作の、手縫いの浴衣なんですよ~!」" fuk_0707_hr_kz_01

"「あのね? 浴衣の日の浴衣――
あなたの分も、わたし、手縫いしてみたいんです。
もちろん、おかあさんに手伝ってもらって、なんですけど――」" fuk_0707_hr_kz_02

"「浴衣、来てみてほしいです。
せっかくの七夕で――せっかくの浴衣の日、なんですから」" fuk_0707_hr_kz_03

"「七夕の日に、七夕飾りを川で流す風習。
流おじいちゃん、小さいときにやったことがあるんですって。
で、自分の流した流した七夕飾りを追っかけすぎて、川に落ちそうになっちゃって!
あやうく――うふふっ、『流が流されになるとこじゃった』って、笑って聞かせてくれました」" fuk_0707_hr_kz_04

"「今は、七夕飾りを川にながす風習。環境への配慮で、どんどん減ってるそうですね――
沈まないものだけ流すのオッケーにして、下流に網しいて、全部ひっかけてゴミの日に出す……
みたいな感じなら、両立できそうかな? ってわたし、思うんですけど――
川はもちろん大事ですけど、伝統も、なくなっちゃうのは寂しいですよね」" fuk_0707_hr_kz_05

"「お父さんの実家の方だと、学園の一大行事だったんですって、七夕。
七夕飾りをキャンプファイヤーみたいにしてお焚き上げして、
みんなでテント貼って、カレーつくって、肝試しまでして!
織姫と彦星も、そんな楽しそうなの、絶対空から見ちゃいますよね~」" fuk_0707_hr_kz_06

"「わたしがちっちゃなころは、治おじいちゃんとこの裏山の竹やぶから竹とってきて、
七夕飾り、つくってたんです。
竹に鋸いれるのも手伝ったことあるんですけど――
あれ、丸いし滑るし硬いしで、ぜんっぜんうまく出来なかったの、覚えてます。です」" fuk_0707_hr_kz_07

"「今日は、そうめんの日でもあるんだし。おそうめん、せっかくだから茹でますね~
たーくさん食べてくださいね?」" fuk_0707_hr_kz_08

"「凪ちゃんね? 治おじいちゃんとこの裏山でも、剣術修行してたことあるんですよ?
竹を木刀で切れるようになるんだ~、って。
いまは、お師匠さんのおうちの近くの竹やぶに修行場うつしましたけど――
まだ念願、叶えられてないみたいですね~」" fuk_0707_hr_kz_09

"「凪ちゃんもね? いつの間にか、しちがつのこと、なながつっていうように変わってて。
『ああ、鉄道の人になったんだなぁ』って、わたし、なんだかちょっと感動しちゃいました」" fuk_0707_hr_kz_10



//////////

いかがでしょうか!

いまはわたくし「妹の日」をかいておりまして(あと29w)
それがおわったら、また【ゆるぼ】かけさせていただくことかと思います!

ひきつづきまして、よろしくお願いいたします!!!

\いいねで応援!/