Lose公式とwhispさんをフォローして、最新情報をチェックしよう!

マイページへ

Ci-enはクリエイターに対して、金銭的な支援を送ることができるサービスです。

「ふかみちゃんと一年中」スイートアニバーサリーボイス「遠距離恋愛の日(12/21)」台本(進行豹

こんばんわです! 進行豹です!!!


抱き枕カバー連動センサー対応ボイスコンテンツ開発のためのクラウドファンディング!
「ふかみちゃんと一年中!!」


http://vigorball.com/project/s/project_id/31

今日も先日に引き続き! スイートアニバーサリーボイスの90wセットをまるっとご紹介させていただきたく思います!

本日ご紹介いたしますスイートアニバーサリーボイスは!

12月21日! 「遠距離恋愛の日」です!!


『センサータッチしてボイスを再生する=プレイヤーさんのすぐ近くに常にふかみちゃんがいる、という仕様』

『遠距離恋愛』

というテーマとをどう処理するかになかなか悩みましたが!

みなさまのお力(物理)のおかげで! 90w!! わたくしなりにしっかりと整えきれたかと存じます!!!



//////////////

早瀬ふかみ_遠距離恋愛の日(12月21日)_手_日常

「今日、12/21は遠距離恋愛の日なんだそうですよ?」 fuk_1221_te_01

"「1、2、2、1の、両端に離れている1と1,一人と一人が、真ん中に近づいてよりそうことで、ふたりになる。
だから、12/21が遠距離恋愛の日なんだそうです。うふふ、結構ロマンティックですね!」" fuk_1221_te_02

"「もしもこの先――わたしとあなたが遠距離恋愛することになったら。
ううん、遠距離恋愛に、もしもなっても――大丈夫ですよね? きっと……絶対」" fuk_1221_te_03

"「いまつないでいる手と手が離れて――なんにも、何週間も、何ヶ月もつなげなくなっちゃう。
……遠距離恋愛。わたし、きっと耐えられなくなっちゃいそうで――こわい、です」" fuk_1221_te_04

"「あなたは……えと……
わたしと出会う、その前に。遠距離恋愛……したこととかって――ああ、やっぱりいいです!
わたし、知るのが怖いかも、です」」" fuk_1221_te_05

"「物語の中だけとかでなら、遠距離恋愛、素敵ですよね~。
なかなか会えないふたりだからこそ、愛が深まる――
もちろんわたしは、毎日だってあなたに会いたいですけれど!」" fuk_1221_te_06

"「わたしのお父さんとお母さんにも、遠距離恋愛してた時期とかあるのかなぁ……
今度、お母さんに聞いてみよ」" fuk_1221_te_07

"「どこからが、遠距離恋愛って思います?
おうちとおうちの距離が、どのくらい離れてたら、遠距離恋愛になるんですかね?」" fuk_1221_te_08

"「もしも、ですよ? あなたとわたしが遠距離恋愛することになっちゃったら――
きっとわたし、お休みのたびに会いに行けるよう、すごく頑張るって思います。です!」" fuk_1221_te_09

"「……距離の近さと、こころの近さは比例しますよね。絶対に。
だからこそ――遠距離恋愛はドラマチックなんでしょうけど」" fuk_1221_te_10


早瀬ふかみ_遠距離恋愛の日(12月21日)_頭_日常

"「今日は、12月21日は、遠距離恋愛の日で、回文の日でもあるそうですよ?
タケヤブヤケタの、あの回文です。前からよんでもお尻から読んでもおんなじなやつ。
1221が回分だから、なんだそうです。うふふっ、わかりやすいですね~」" fuk_1221_at_01

"「……あなたに髪を、顔を撫でてもらいたくなって。
電話して、すぐ会えるのって――しあわせですよね。本当に」" fuk_1221_at_02

"「……こんなに近くにいても、あなたの瞳を見つめてて。
瞳がそれるだけでもわたし、寂しい気持ちになっちゃうのに。
もしも遠くに離れちゃったら、どんなに辛くて寂しいか――想像だけでも、怖くなっちゃいます。です」" fuk_1221_at_03

"「……日々姫さんって、遠距離恋愛――経験者ですよね。
片思いの、でしょうけど。多分、ですけど。
……見てたらわかる気がします、です」" fuk_1221_at_04

「遠距離恋愛……真闇さんとかなら続きますよね、きっと。すっごく我慢強そうだし」 fuk_1221_at_05

"「銀行の稀咲さんとかは――遠距離恋愛にならないように手を尽くしそうですよね。なんか。
完全に、勝手なわたしのイメージですけど」" fuk_1221_at_06

"「ポーレットさんとかれいなちゃんも、遠距離恋愛、大丈夫そう。
れいなちゃんとか、うふふっ、毎日毎日かわいいお手紙書いてくれそうですよね~」" fuk_1221_at_07

"「凪ちゃんは――あと、ハチロクちゃんも! 恋の相手がどこにいっても、そのあとにくっついていきそう。
凪ちゃんとハチロクちゃん、全然性格ちがいますけど……
でも、うん。あのふたりなら、どこまでだって追いかけそう」」" fuk_1221_at_08

"「遠距離恋愛になっちゃったら……その――
キスとか、滅多にしてもらえなくなっちゃうでしょうし――
それって、わたし、やっぱりいた――んっ!?――(ちゅっ)――ん…………
うふふっ! ありがとうございます、です!」" fuk_1221_at_09

"「今日は遠距離恋愛の日で、回分の日だから。わたし、回文考えちゃいました!
目をつむって聞いてもらっていいですか? えへへ~――(ちゅっ!)
うふふっ。『キス・すき』 なぁんて」」" fuk_1221_at_10


早瀬ふかみ_遠距離恋愛の日(12月21日)_腹_日常

"「あなたとわたしのしている恋は、距離に負けない恋だって。
わたし、思っています。です」" fuk_1221_hr_01

"「遠距離恋愛……ありえなくはないんですよね。あなたとわたしたちの間でも――
イヤだけど……イヤだから、怖いからこそ。
もしもそうなっちゃったとき、どうやって頑張るのか――考えておいたほうがいいですよね、絶対」" fuk_1221_hr_02

"「お金の余裕とか、時間の余裕とか――そういうので、『遠距離』の範囲もかわりますとね。
隣の県とか……大人だったら結構通える距離だけど――
学園生だと、その辺でももう、遠距離ですよね」" fuk_1221_hr_03

"「何時間とか、何キロだとかで区切るんじゃなく。
こころが『遠い!』って思っちゃう距離。
それが遠距離園内の、遠距離なのかもって――いまふっと、わたし、思いましたです」" fuk_1221_hr_04

"「……マッサージ。あなたにするのも、してもらうのも、大好きだから……
もしも遠距離恋愛になって、めったにマッサージなくなっちゃったら。
たまっちゃいますよね、ストレス。体のだけじゃなく、こころのも」" fuk_1221_hr_05

"「恋を知ったらその瞬間から、寂しさと背中あわせになってますよね。
あなたがいない時間に感じる――寂しさと」」" fuk_1221_hr_06

「遠距離恋愛になったら、あなたの匂いも遠くなっちゃう……そんなの、イヤ。です。」 fuk_1221_hr_07

"「あなたの鼓動を聞けること、あなたに鼓動を伝えられること……
しあわせだなぁって、思いますです」" fuk_1221_hr_08

"「おなかすいたら、『おなかすいたね』って、ご飯を一緒に食べられる。
それって――えへへ――とっても素敵でしあわせですよね!」" fuk_1221_hr_09

"「……あなたの体温。感じるだけで、わたし、元気になれちゃいますから。
もしも遠距離恋愛なんてことになったら――きっと、しおしおにしなびちゃいます。です」" fuk_1221_hr_10


早瀬ふかみ_遠距離恋愛の日(12月21日)_手_いちゃ

"「今日は……12月21日は、遠距離恋愛の日。
……さみしかったけど、ちょっとだけなつかしい気もしますね~
あなたとわたしが、遠距離恋愛になっちゃってたころのこと」" fuk_1221_te_ic_01

"「遠距離恋愛――寂しくて寂しくてしょうがなかったけど……
会えない時間が、恋を育てて……愛を深めてくれたのかなぁって、今振り返ると、思います、です
もう二度と……えへへ、離れたくなんてないですけど」" fuk_1221_te_ic_02

"「遠距離恋愛になってたとき――ね?
夢の中で、わたし、あなたとすごしてて。しあわせでしあわせで楽しくて。
目がさめて――『夢かぁ』って思ったらもう……涙、とまらなくなっちゃったこと――
えへへ、わたし、ありましたです」" fuk_1221_te_ic_03

"「『お天気だねー』ってメッセージおくって。『こっちは降りそう』ってかえってきて。
……あなたと離れちゃってるんだなって――そんなとき、すごく実感しましたです」" fuk_1221_te_ic_04

"「遠距離恋愛になっちゃてったとき――一ヶ月とか、デートが出来なかった時って――
手、つなぐの――あ! ですよね!! なんか、手をつなぐのに、勇気いる感じになっちゃってましたよね~」" fuk_1221_te_ic_05

"「わたし、寂しさに強くないのに、遠距離恋愛に耐えられたこと――
あなたが上手に、わたしを励まして支えてくれた――
わたしをずっと愛してるって、いつでも伝えつづけてくれた……そのおかげって、思います」" fuk_1221_te_ic_06

"「遠距離恋愛になるのがきまって――離れ離れになるときに、ふたりでお揃いのボールペン、買いましたよね。
あれ……すごくわたしを支えてくれました。
文字を書くたび、あなたが手、添えてくれてるみたいな気持ちになれたから」" fuk_1221_te_ic_07

"「ネットとか、スマホとかがなかったころって――
わたしたちみたいに、写真をたくさん、気軽におくりあったりきっと、出来なかったんですよね。
……それで遠距離恋愛がんばれてたんだから――昔の人って……凄いです」" fuk_1221_te_ic_08

"「言わないようにしてました。わたし。遠距離恋愛になっちゃてたとき。
あなたに直接、『さみしい』って、その四文字は、言わないように。
いったって、あなたを困らせてもっとさみしくなるだけだって――思ってたから」" fuk_1221_te_ic_09

"「……あなたの手だぁ。えへへへへ――こうして、ぎゅーって、ぎゅーーーってできるの。
すごく、すごぉく――しあわせですねぇ" fuk_1221_te_ic_10


早瀬ふかみ_遠距離恋愛の日(12月21日)_頭_いちゃ

"「遠恋になっちゃってた時期、ね? あなたとのデートでは、わたし。
あなたを絶対、三回以上笑わせるって、笑顔になってもらうんだって――毎回、決めてたんですよ?」" fuk_1221_at_ic_01

"「あなたと遠恋してたとき――すぐ会えてたときよりずっと、デート、大事になってましたね。
準備の気合が、ほんとちがって――服も、メイクも、髪型も……あとね? 靴。
どんなデートでも大丈夫なよう、ぺたんこで、でもかわいいの――選んでたんですよ?」
" fuk_1221_at_ic_02

"「遠恋は寂しくて切なくて辛かったけど――
電話越しのキス……あれは、ちょっとだけ好きでした。
次あえるときのキスの甘さを、電話越しのキスのそのたび、ためてるみたいな気持ち、わたし、してました」" fuk_1221_at_ic_03

"「遠距離恋愛してたとき――もうダメだ、さみしすぎる、連絡しようって思った瞬間――
えへへ、あなたから着信あって。
こころとこころ、つながってるなって。距離に全然負けてないなって――
そういうことがあるたびに、わたし、ものすごく勇気づけられてたんですよ?" fuk_1221_at_ic_04

"「遠距離恋愛してたとき、あなたが、夜行のエアクラバスの、パーキングエリアにつくたびに、
『ここまできたよ』『もう少しだよ』って連絡くれたの――
あれも……うふふっ、すっごくうれしかったです」" fuk_1221_at_ic_05

"「遠距離恋愛になっちゃってたとき、通話しながら、あなたが寝おちちゃったことあったでしょ?
風邪ひいちゃう! 早くおきて~って、思いながら、声掛けながら。
だけどね、わたし――『寝息かわいい! ご褒美だ~~』とかも――ちょっとだけ、思っちゃってました、です」" fuk_1221_at_ic_06

"「遠距離恋愛になっちゃってたとき――あなたが頼んでくれましたよね。
毎日、毎朝のモーニングコール。
『おはよう』っていうあのひとことが――わたしの、一日の支えだったんです」" fuk_1221_at_ic_07

"「長電話、しちゃいましたよね~ 遠距離恋愛になっちゃてったときは、どうしても。
寝不足、あなたも――すごく大変だったでしょ?」" fuk_1221_at_ic_08

"「(キス。長くて優しい)――ん……。
やっぱり、恋は――ゼロ距離恋愛が、わたし、一番だと思います――ん……」" fuk_1221_at_ic_09

"「遠距離恋愛になっちゃてたとき――わたし、決めてたんです。
次にあえるときまで、笑顔のわたしをあなたに覚えててほしいから。
『またね』のときに、絶対に泣かないようにって。
……ですね、結局、一回も守れませんでしたけど」" fuk_1221_at_ic_10


早瀬ふかみ_遠距離恋愛の日(12月21日)_腹_いちゃ

"「本で……前にね? 読んだんですけど。
遠距離恋愛の方が……その……妊――ええと――
赤ちゃん授かりやすいっていうデータ、あるんだ、そう、です……はぅう」" fuk_1221_hr_ic_01

"「遠距離恋愛になっちゃってたころ――デート、うれしくて楽しみで。
リードはいっつもあなただったけど、わたしもわたしなりに、いろいろ準備したり、計画したりしてて。
だけどね? 会えたらもう嬉しくて! ――そういうの、いっつもぜぇんぶ、真っ白になっちゃってました」" fuk_1221_hr_ic_02

"「一回だけ、ありましたよね。遠距離恋愛になっちゃってたとき。
久しぶりのデートなのに、あってすぐ言い争いになっちゃって……わたしが拗ねて、デート台無しになっちゃって。
……帰り、ずうっとわたし、泣いて、泣いて。涙がいつまでもとまらなくって――けど、あれで。
わたし本当に、どうしようもなくあなたのことが好きなんだって……一番深くから、わかったんです」" fuk_1221_hr_ic_03

"「遠距離恋愛してたとき、一回だけ、あなたが用事で、わたしを置いて出かけちゃったことがあったでしょう?
起きたらあなたがいなくって。『あ、そうだっけ』って、わたし、思って。
帰ってくるあなたに食べてほしくて、あっためればいいご飯作って、おそうじをして、合鍵かけて――
そのときの、ね? カチって鍵のかかる音……わたし、あれが……凄く冷たく寂しく聞こえて、泣いちゃいました」" fuk_1221_hr_ic_04

"「遠距離恋愛になっちゃってたとき――美味しいものを食べたりだとか、面白い本を読んだりだとか――
そういうとき、誰より先に、あなたの顔がいつだって浮かんできたんです。
食べてほしいな、読んでほしいなって――いつだって、あなたの顔が、一番に」" fuk_1221_hr_ic_05

"「遠距離恋愛になっちゃってたとき――少しずつ、お互いのまわりが変化して――
話題、ズレたりとかしたでしょう? 『あ、そうか、凪ちゃんの新しい髪型、あなたは見てないんだ』とか――
アレは……ヤでした。さみしいっていうより――距離を思い知らされる感じで、怖かった。です」" fuk_1221_hr_ic_06

"「遠距離恋愛してたとき……こころがわりの心配――
あなたをすっごく信じてますけど――それでも、どうしても感じてました。
距離が離れてしまうって――本当に、さみしくて怖いことだから。
あなたが隣にいてくれないと……わたしは、やっぱり怖がりだから」" fuk_1221_hr_ic_07

"「昨日よりも綺麗になれるように――って、
遠距離恋愛になっちゃってたとき、わたし、めちゃくちゃがんばってました。
ひさしぶりに会うときあなたを、絶対、がっかりさせなくなかったから」" fuk_1221_hr_ic_08

"「あの、ね? あなたと離れた間――遠距離恋愛になっちゃってたとき――
びっくりするほど、わたし、太りやすくなっちゃってたんですよ?」" fuk_1221_hr_ic_09

"「好きな人が近くにいないと――ゆるんじゃうんですよね、きっと。
こころも、からだも――すごくゆるんで、スキがでる。
そう感じたから、だからわたし、頑張って引き締めまくってました、です!」" fuk_1221_hr_ic_10


早瀬ふかみ_遠距離恋愛の日(12月21日)_手_家族

"「遠距離恋愛の日で思い出したんですけど……
うちのおとうさんとおかあさんも、遠距離恋愛、してた時期があったんですって。
こないだ……うふふっ、おかあさんから、いろいろ話、聞いちゃいました!」" fuk_1221_te_kz_01

"「えへへへへ……
あなたの手の暖かさ――メールでも動画でも、絶対とどかない暖かさ。
……大好きですし、しあわせ、です」" fuk_1221_te_kz_02

"「遠距離恋愛になっちゃってたころは――
こういうふうに、ただまったりって、なかなかできなかったですよね~。
せっかく会えたから、詰め込まなくっちゃって……
今考えると、ものすごく、損してたみたいにも思えますけど」" fuk_1221_te_kz_03

"「お父さんとお母さんも、あなたとわたしも、遠距離恋愛を経験してて――
うふふっ、わたしたちにこどもができたら、もしかして。そのこもしちゃうのかもですね。遠距離恋愛」" fuk_1221_te_kz_04

"「離れ離れになるときのため、あなたのぬくもり、貯めておければいいのにって、
遠距離恋愛になっちゃってたころは思いましたけど――
うふふっ、これって、いまこのときしか味わえないから、余計にしあわせなんですね」" fuk_1221_te_kz_05

"「眠るときに、ね?……腕枕、してもらってもいいですか?
あなたと一緒におやすみをして、あなたと一緒におはようできる――
そのしあわせを、今日は思いっきり、かみしめたいって思うから」" fuk_1221_te_kz_06

"「……おんなじボディーソープの匂い。あなたと。
……えへへへへへへっ、うれしいなぁ!」" fuk_1221_te_kz_07

"「遠距離恋愛になっちゃってたとき――あなたがね? どんな小さなことでも、連絡くれると――
『わたし、必要とされてるんだ』って。すごく、すっごく……安心できて、うれしかったの」" fuk_1221_te_kz_08

"「……遠距離恋愛になっちゃってたとき、一度だけ。
本当に辛くて、さみしくて――もうダメだってなっちゃったとき。
凪ちゃん、手、にぎっててくれたんですよ。
ほんとに何にも言わないで……ずうっと手、握り続けてくれたんです」" fuk_1221_te_kz_09

"「ふたりだけじゃ、乗り切れなかったって思います。
あなたの、わたしの、まわりにあったたくさんの手が――
きっとわたしたたちを支えてくれて……それで、ふたり――結婚できた。家族になれたって、思います」" fuk_1221_te_kz_10


早瀬ふかみ_遠距離恋愛の日(12月21日)_頭_家族

"「お父さんとお母さんが遠距離恋愛してたとき――お父さん、わざわざ群魔からカップうどんもってきて。
御一夜でもカップうどん買って――『食べ比べしてみましょう』って。
おかあさん、たまのデートにそれなの~って、ちょっと悲しくて、でもおかしくて――
それで、お父さんのこと、前より気になったって……わたしに、教えてくれました」" fuk_1221_at_kz_01

"「おかあさんとおとうさんが遠距離恋愛してたことは、通話アプリとかなかったから。
毎日毎日長距離電話で――電話代、何万円にもなっちゃったって聞いて、わたし、驚いちゃいました」" fuk_1221_at_kz_02

"「……もったいないけど、素敵ですよね。
何万円の電話代を払うことになっても。
それでも、相手の声を聞きたい――つながってたいっておもってた――昔の人の、遠距離恋愛」" fuk_1221_at_kz_03

"「おとうさんとおかあさんの遠距離恋愛。
電話会社の、テルホーダイ? とかいう定額サービスが出てから、すごく電話代を抑えられたってききました。
その分長電話になっちゃって、受話器もったまま寝落ちちゃったりとかも……うふふ、あったんですって」" fuk_1221_at_kz_04

"「おとうさんとおかあさんね? お父さんが電話禁止の寮! そんなとこあったんですって!!
その寮にすんでたときは、お手紙で連絡しあってたんですって。文通。
お手紙も、事務員さんが届けてくれるシステムらしくて――ものすごく、お父さん冷やかされたんですって」" fuk_1221_at_kz_05

"「もう一度、遠距離恋愛になりそうになったら――ですか?
そんなの、考えるまでもないです。
今度はわたし、どこまでだって、あなたについていっちゃいます」」" fuk_1221_at_kz_06

"「お父さんとお母さんが昔、遠距離恋愛してて、電話禁止の寮にいたとき。
お父さんからの電話はね? 携帯なんて、そのころないから……
公衆電話からかけてたんですって! すごいですよね~
公衆電話なんて、そもそもめったにみかけないのに」" fuk_1221_at_kz_07

"「電話そのものがなかったころにも――
お手紙で、遠距離恋愛叶えた人も、きっと、絶対、いたんでしょうね」" fuk_1221_at_kz_08

"「おやすみのキスも、おはようのキスも……(ちゅっ)――えへへ、こうしてじゃれつくだけのキスも。
遠距離恋愛になっちゃってたとき……わたしたち、よく我慢できてましたよね――本当に――(ちゅっ)」" fuk_1221_at_kz_09

"「……気づいてました? 髪の毛、切らなかったんですよ? 一度も。
あなたとわたしが、遠距離恋愛で離れちゃってた間、ずうっと。
はやくふたりで暮らせるように――願掛けで」" fuk_1221_at_kz_10


早瀬ふかみ_遠距離恋愛の日(12月21日)_腹_家族

"「将来、わたしたちにこどもができて、そのこが大きくなって――
……一度くらいは、そのこも、遠距離恋愛、経験したほうがいいかも……ですね。
我慢とか、寂しさのごまかしかたとか――大事なこと、勉強できる気がしますから」" fuk_1221_hr_kz_01

「夢みたいです。あなたと一緒に、こうしてずうっといられる今が」 fuk_1221_hr_kz_02

"「遠距離恋愛だからこそ。会うのが大変だからこそ――
会うのが一番大事なことは、昔も今も、きっと未来でも、同じなんだって思います。です」" fuk_1221_hr_kz_03

"「遠距離恋愛になっちゃっていた、あの時期に――『会えない』ってことの本当の意味。
わたし、わからされたような気がします。
寂しさと不安が、お互いを煽りあっちゃうんですよね――あえなくて、連絡もとれないときって」" fuk_1221_hr_kz_04

"「これから先も、少しくらいは離れたりとか、あるかもですけど――
わたしがいつか、ずうっと未来に……お父さんのところに旅立つときには――
一番近くに、ね? あなたに、必ず、いてほしいです」" fuk_1221_hr_kz_05

"「遠距離恋愛になっちゃってたころ……デートが終わっておうちに帰って――
さみしいな、っていうのと一緒に――足にね? すっごい疲れがいっつも来てたんですけど。
あれって、わたしだけですか?」" fuk_1221_hr_kz_06

"「あなたは、どうでした? ふたり、遠距離恋愛になっちゃってたころ。
なにが一番、しんどいなぁって、感じてました?」" fuk_1221_hr_kz_07

"「近くにいたって、壊れるときは壊れちゃうのに。
ふたり、がんばりましたよね――ふたりでこころを一つにしたから、
距離からも、時間からも……わたしたちの恋を、守り抜けた」" fuk_1221_hr_kz_08

"「もしもわたしが、世界の裏側にいっちゃってても――
二年に一回――そのくらいしか会えなくっても。
ふたりの恋は、きっと叶っただろうって……えへへ、今なら、思えます」" fuk_1221_hr_kz_09

"「あなたと一緒に、ふたりのくらしを暮らしてる……
すごい、ですよね。あなたとわたしのいままで全部が、積み重なって、こうなれたこと」" fuk_1221_hr_kz_10



////////////

いかがでしょうか!?

こういう感じで、スイートアニバーサリーボイスも!
がんがん書いて、ご紹介していきたく思います!!!

どうぞご期待いただけますと幸いです!

よろしくお願いいたします!!

\いいねで応援!/