Lose公式とwhispさんをフォローして、最新情報をチェックしよう!

マイページへ

Ci-enはクリエイターに対して、金銭的な支援を送ることができるサービスです。

『ふかみちゃんと一年中!!』ミニボイスドラマ「初めての手作りチョコレート」(凪ちゃん)のご紹介です!

こんばんわです!
進行豹です!


「ふかみちゃんと一年中!!」
http://vigorball.com/project/s/project_id/31

おととい、昨日と連続して
『あなたが主役のミニボイスドラマ』
の台本をまるっと公開させていただきました、本執筆状況ご紹介。

今日は気分を換えまして――
ということはなく!!
なんとびっくり三連続での! しかも完全にあたらしい視点でのリクエストいただきました、ミニボイスドラマ台本をご紹介させていただきます!

いただきましたものがなんと!!

『呼び名:凪ちゃん』

『シチュエーション: 「大好き」という言葉からの,ひたすらイチャイチャ』

というご要望でございましたのです!!!


ふかみちゃんが! 凪ちゃんと! イチャイチャ!!!!


というわけでございますので、いつもどおりにこころを込めて! わたくし! 執筆させていただきました!

台本! こちらとなります!!!



////////////

『ふかみちゃんと一年中!! 凪ちゃんのためのミニボイスドラマ 「初めての手作りチョコレート」』
2018/11/25 進行豹

;セリフは全てふかみ
;ふかみの家

「どうしよう、どうしよう。どうしよう~!!」

「凪ちゃんが、まさか、
『バレンタインのチョコレートば作りたかとよ~!』
とか言い出すなんて!!」

「ああああ! 凪ちゃん、手作りチョコとか、誰にあげるの~!?
あう~! 気になる気になる気になる気にな」

;SE 玄関チャイム

「はうっ! 来たっ!
んんっ――いらっしゃーい、凪ちゃん」

;SE 玄関あき

「おはよう。わ、ほっぺまっか! 走ってきたの?
え? 『早くふかみちゃんに会いたかったから……』って
うふふ、ありがと! わたしも凪ちゃん、だぁいすき!」

「うん、あがってあがって。
チョコレートづくりの道具とか、全部、もう準備してあるから」

:SE 玄関閉まる

;SE 薬缶沸騰

「あ、ぴーっていったね。うふふっ、お湯がわきましたー」

「じゃ、まずは、チョコレートを細かく刻も?
お湯が冷めるの待ってる間に」

「うん! そうだよ凪ちゃん。
チョコレート細かく刻んでおけば、その分、早くなめらかに――え?」

「『やったら、刻むのも砕くのも同じばい』って! ちょっ! ダメだよ凪ちゃん!!
木刀でとか砕いたら、袋破けてチョコが粉々に――あ」

「『なら手で』って――すごい、凪ちゃん力もち~
これ、固くておっきいから……手で細かく割るとか……
わたしでもできないのに」

「うん。『わたしでも』だよ?
凪ちゃんは知ってるでしょお?
わたし、こう見えても……ううっ――
腕、お仕事で筋肉つきまくっちゃってるから――ひゃううっ!?」

「や……凪ちゃん、くすぐったいよぉ。
腕……そんなに――しつこくやさしくもみもみしたらぁ……」

「そ、それに、くすぐったいだけじゃなく――ん……なんか、ムズムズ――ひゃっ!? はううっ!!?」

「せ、背中も? それは、うん……引き締まってる、けど――ん……
ぁ……わきばら……ん……おなか……」

「凪、ちゃん……わたし、体……引き締まってる、かも――だけど――
お仕事で、しまった、だけ――ふっ――あっ……」

「しらべても……ん、ヒミツなんて、ない――はうっ!
ん……凪ちゃんの、もみもみ――だんだん、下、に……ぁ」

「『どっしりとした良か太ももばい』って。
……それ、どういう意味? 凪ちゃぁん??」

「あー、なぁんだ
『みっしりした太ももの言い間違い』って、
おなじことだよぉ~~!」

「もう、そんな悪いこという凪ちゃんのおくちは~
えいっ!」

「うふふふふ~ チョコのカケラでふさいじゃいました!
反省した?
え?
『反省したから、もっとおしおきされたかとばい?』って」

「もう、凪ちゃんったら調子いいんだから~。
それじゃあ、今度はおっきめのカケラを。
はい、『あーーーーーーーん』――ひゃっ」

「な、凪ちゃん……指――わたしの指ごと、くわえちゃってる――はうっ! んんっ!!! ――あ……
ペロペロ、しても、味……しない、よ、ぉ」

「ん……や……これじゃ、わたしが――
わたしの方が、溶かされちゃう……
チョコよりさきに――じゃなくて!! チョコ!」

「な、凪ちゃん。今日は。チョコ作りに来たんでしょ?
その……誰かにあげる……凪ちゃんのはじめての手作りの――大事な、チョコを」

「『そーだったばい』って……あっさりだなぁ。
ま、けど。そんなところもかわいいんだけど」

「え? ううん。な、なんでもない。なんでもないよ?
それじゃ、ええと、チョコを刻むののつづきねー」

「凪ちゃんがすっごく細かく砕いてくれたから……
<SE 千切り>――うふふ、刻むの、とっても楽ちん」

「凪ちゃんも――わ!? 包丁の持ち方から違うよぉ。
え――あー、だよね、凪ちゃんのおばあちゃんのごはん、おいしいもんねぇ」

「けど、包丁も刃物……ちっちゃな刀なんだから。
ちゃんと使い方覚えた方が、って!? わ! 急にすごい食いつき!」

「うん。おしえてあげる、もちろん。
わたしが知ってることなら、なぁんでも凪ちゃんに」

「ええとね? あ、背中側から一緒にもっておしえるね?
持ち方はこうで――うん。
左手は、指を切らないように、猫さんにするの」

「『わかったにゃあ』って! 中身まで猫さんにならないで大丈夫だよぅ。
もう、凪ちゃんってばおちゃめさん――ひゃっ」

「ね、猫ちゃん凪ちゃんは甘えっ子さんなんだねぇ。
うふふ、ほおずり、気持ちいい」

「はうっ! けど、チョコ!
チョコ、ちゃんと作らないとぉ!!」

「ん……やっぱり凪ちゃん、なにやってもセンスいいねぇ。
これなら――よいしょ――湯煎、して――で……」

「あ……ほら、こんなにするする溶けてくよー。
だねー、溶けたてのチョコ、おいしそうだよね~――
って! ダメだよ凪ちゃん。まだ熱いから、指先、ヤケドしちゃうよぉ」

「だから、ね? 今だけはもうちょっとガマンして?
うん。いいこ。うふふっ」

「溶けきったら、あとはテンパリングで上手に温度をさげて、好きな型にいれて固めれば、それで手作りチョコ完成! ――って、わすれてた!!」

「型、チョコの型! お菓子型。 わたし、ハートのしかもってないけど――って、え!?
凪ちゃん、もってきてるの? 型、自分で用意……あ」

「そう、なんだ。すっごく素敵な型見つけたから……
プレゼントにちょうどいいって――
それで、手作りチョコづくりにチャレンジしたくなったんだ」

「その型、どんなの? あ――うん。
見せて見せて見せて。
って――え? お舟の形?」

「!!!? まさか凪ちゃん! おじいちゃんたちの誰かにチョコを――って、違う?
だよねー。違うよねぇ、うん。
よかったー」

「けど、なら、お舟のチョコなんて誰に――え?」

「わ、わ! わぁああああああ! 嬉しい!
嬉しい! ありがと凪ちゃん!!!」

「うん。うん! とっても嬉しい!
まさか凪ちゃんの生まれて初めての手作りチョコを!
わたし、わたしが! プレゼントしてもらえちゃうなんて」

「ありがと、凪ちゃん。
――凪ちゃん、大好き!!」

「おかえしに、うふふっ。わたしも凪ちゃんにプレゼントしちゃうね? 実はなにげにはじめての、わたしの手作りチョコレート」

「あはは、だね。わたしたち、初めて同士をプレンゼント交換……(ごくっ)――初めて同士を、交換……わたしと……凪ちゃんが――」

「はううううっ!? なんでもない! なんでもないよ!
それじゃええっと、チョコレート!
こころをこめて、愛情こめて! 丁寧においしくつくっちゃおー! おーーーー!!!」

;タイマー。ピピピピ

「あ――時間! そろそろいいかな?
うん――うん! 綺麗に固まってるし~」

「あ! 上手、凪ちゃん! すぽーんて型から外れたね~。
えへへっ! テンパリングも大成功、だね!」

「あ……うん。えへへへへ。
うれしい、少しだけ照れくさいけど、
その何倍も、何百倍も」

「それじゃ、凪ちゃん――ええへ。いっしょに。
わたしたちのはじめて、交換しちゃお?」

「はい、『あーーーーーーーん』」

「(ぱくっ!)」


;おしまい




////////////

いかがでしょうか?

このように、既存まいてつ世界観内のキャラ名と同一のリクエストにも、
(それがシチュエーション指定とあいまって、『世界観破壊につながる』等、オーダーお引き受けできないケースに該当しないかぎりは)
他のリクエストと同様に、せいいっぱいの全力で! 台本執筆がんばらせていただいております!!


ご支援ご検討の方におかれましては、どうぞご検討材料のひとつとお取り扱いいただけますと幸いです。

よろしくおねがいいたします!

\いいねで応援!/