ラブリープリチー超愛してる/まぁ坊さんをフォローして、最新情報をチェックしよう!

マイページへ

Ci-enはクリエイターに対して、金銭的な支援を送ることができるサービスです。

ゼヴェンの孕姫反省会+次回作の予定

長文!

[挨拶!]
ゼヴェンの孕姫が販売開始して1月が経ちました。
販売当初は1年で5000~6000くらい売れるといいね~、くらいに思ってたんですが、既に目標をだいぶ上回っているようで驚いてます。
ご購入頂いた皆様、ありがとうございます(_ _)

感想、レビューも前作よりたくさん頂けてうれしうございます。大いに励みになってます。
今作は制作期間がのびのびになってかなり難産だったんですが、報われた感があります。


[ゼヴェンの孕姫反省会]

■バグについて
反省点は多々あるんですが、まずバグを出してしまって申し訳ありませんでした。
個人製作のエロRPGで多少のバグがあるのはやむなしとは思ってるんですが、進行不能系は流石によろしくないので大いに反省してます。

今回8人の方に本編クリアまでのデバッガをお願いしてたんですが、デバッグ終わった後に僕が色々フラグを弄ってしまったんでバグが出てしまいました。
具体的には、進行上必須のエロイベントが多すぎるという指摘が多かったんで、エロイベントを「進行イベント」と「任意イベント」に分けました。
この判断はまぁよかったと思うんですが、イベントフラグが正しく修正されていない箇所があったためバグが発生しました。
修正後に改めてデバッガを募るべきでした。反省します。


■アンケート結果
先週末からアンケートを取ってました。
現時点で300人ちょいの人に回答頂いてます。ありがとうございます(_ _)
個別の返信はできませんが、コメントは1つ1つ拝読させてもらってます。
(アンケート自体はまだやってるので、気が向いたら回答してたも!)

回答も出揃ってきたんで結果を眺めながら反省会したいと思います。
ただ、アンケートは僕のDLブログとCi-en、ツイッターでしか告知してないので、回答者はそれらを日頃から見てる人に限られます。
なんで、回答はポジティブな方向にぶれてる考えた方がいいかと思います。


エロイベント数については、多い(肯定的)が多数でした(よかった)
対して個々のエロイベントの長さに関する見解はわりと伯仲してました。
ただ、長い、長すぎるという回答を足すと65%なので、長いのは間違いないようです。

ちなみにまぁ坊氏が個人的に実施したツイッター、2ch、ふたばの感想、コメント検索活動では、本作への批判的意見はおおよそ以下の3つが主流でした。
①テキストが長すぎる
②類似のエロシーンが多い
③街の住人がゲスすぎる

①については、実はデバッグ作業中にも何人かから指摘されて断腸の思いでテキストを削ったんですが、それでもなお長かったようです。
たしかに自分でプレイしててもなげぇな、とは思いました(でも親心で削りきれない)。
肯定的な意見もあるんですが、エロシーンが半ば必須なこともありゲームとしてのテンポが損なわれているように思うんで、今後同タイプのゲームを作るときは、もう少し短めのイベントをばらまく感じにしようと思います。


先にも述べましたが、類似のエロシーンが多いというのは四方八方で言われてました。
アンケート結果でも、単調、バリエーションが少ないという回答が最多となっており、エロシーンが単調と言う印象を持ったユーザは多いようです。
特に今作は各段階エロのシーンが同時に発展するため、同じようなイベントやってるなって印象を持たれやすい形になってるのかと思います。
このあたりもストレスになるので、やはりテキスト短めにして1段階あたりの量を減らしとけばよかったかなと反省してます。

CG枚数についてはちょうどよい、が最多でした。
少ないという意見も2割近くありますが、エロシーン数が多いんで相対的にCG枚数が少なく思えるんかなぁと思ってます。


操作性、UIについては特に不満はないようです(よかった)。
予想より操作しやすいという回答が多かった感じです。
長らく公開してた体験版が色々とUI周りに不便な点が多かったんで(反省)、相対的にいい印象を持ってもらえたのかなぁ、と思ってます。

選択難易度は案外伯仲してました(よかった)。
ほとんどなめくじで、誰もゲームをプレイしてないんでないかと不安に思ってました。
(デバッグお願いした人は、なめくじ5、EASY2、HARD1でした)
HARDでプレイしてる人が結構いるようでうれしうございます。
僕はHARD基準でデバッグしてたので、誰もHARDでプレイしてくれていなかったら、あの調整作業は何だったのかと悲しい気分になるところでした。


戦闘難易度についてはちょうどよい、という回答が半数以上を占めました。
やややさしめという評価が多めのようですが、エロRPGとしてはこのくらいの印象を持ってもらえるくらいが丁度ええかな、と思ってます。

使用クラスは思いのほか隔たってました。
コメントにもありましたが、複数のクラスを移るメリットがあまりないので、最初に選んだソードマンを最後まで通したって人が多いんでしょうかね。
むしろもう少し実装するクラスを絞ったほうが色々試してもらえたかも……
(ちなみに僕はシーフとダンサーが好きです)


システムに関しては肯定的な意見が多いようです。
ただわかりにくいという回答もわりと多いので、今後はもう少しゲーム内のチュートリアルを充実させたいと思います。


よかったところはCGが最多でした。個人的には意外な結果です。


期待する要素は段階エロがひじょーに多いようです。
8段階の段階エロを用意したかいがあったというもんです。
今後も段階エロは重視していきたいところです。

妊娠、孕ませと露出、羞恥は同じくらいで続いています。
異種姦はそれ以外と比較するとやや控えめようです。
(そもそもゼヴェンの孕姫のユーザのアンケートなので、露出羞恥妊娠段階エロ好きな層が答えてるんじゃって感はありますが)


上から、敗北エロ、自由着せ替え、妊娠状態の自由行動、初体験の相手選択です。
自由着せ替えの需要は高いようです。
僕も好きなんで気持ちはわかります。
(ただ作業が重いので実装する側に回ると辛いです;;)
その他は立ち絵エロ、セクハラ、異種姦、サブヒロインやらの回答が目立ちました。


わりかしRPG部分も作り込んだつもりなんで、RPG部分はどうでもいいという回答が主流だったらどうしようと思ってはいたんですが、今作程度はRPG部分も作り込んで欲しいという層が多いようです(よかった)。
ただRPG部分は適当でいい、エロ重視がいいという回答も4割と無視できない割合を占めてるんで、次回作以降も難易度なめくじは導入し、即クリアできる体制は整えておこうかと思います。
対してRPG部分もがっつり楽しみたいって層はそんなに多くはないようなんで、RPG部分は今作程度に留めておこうかと思います。

[次回作の予定]
のろのろと次回作の構想を練ってます。
とりあえずは以下の2つを考えてます。

①異種間孕ませゲー(人間版ダ〇スタ、あるいはモ〇スターファーム)
おにゃのこを色んなモンスターと(勝手に)配合させて優秀なモンスターを産み出そうってゲームです(このあたりがダ〇スタ的)
産み出したモンスターは育成してコロシアムとかに出します(このあたりがモ〇スターファーム的)
コロシアムで女剣闘士を倒すと牧場に持って帰って子供を産ませられます。
異種間孕ませメインなんで、過去作『生殖の檻』に近いかと思います。

こっちは最終的にSTEAMに出すのを目標にやりたいな~、と思ってます。
(昨今は厳しいらしいですが)
ちなみにラブリープリチー超愛してる初の共同制作になる見込みです。
役割分担は以下のような感じ。
 CG:A(仮名)
 翻訳:B(仮名)
 その他:マボ

短編な上に分業なんでそんなに製作に要する時間は長くないんでないかと思います。
ただ今回はCGなり翻訳なりを人に任せるんで、自分の手が空く期間も出てくるかと思います。
空いた時間は以下の②のゲーム制作に充てる予定です。


②ローグライクライク売春ゲー
昔からローグライクゲーム作りたいなーって思いはあったんでそろそろ作っとこうかと思います。
諸般の事情で膨大な借金のある宿屋的な施設のオーナーになったヒロインが、借金返済のためにダンジョンに潜ったり売春したりするゲームです。
ダンジョン内はローグライク的なムーブをすることになりますが、僕に再現できるかは怪しいのでローグライクライクくらいの感じです。
エロの傾向は『ゼヴェンの孕姫』に近く、露出、羞恥系のエロから始まって、身体を許して最後は妊娠……という感じです。ボリュームはゼヴェンの孕姫より短めです。
というかプロット書いてたらこれゼヴェンの孕姫でやったろ!ってところが多くて、俺はつくづくワンパだな~、って感じです;;
(しかしゼヴェンの孕姫を振り返ると僕の好きな要素全部ぎちぎちに詰め込んであるんで、今後同系統のゲームを作る場合、どうやっても既視感のあるものにならざるを得ない気がしないでもありません;;)


両方とも簡単な仕様とプロットはできてるんでそろそろ作り始めようかな~って感じです。
システム→シナリオ→CG→実装の順で作業してくんで、ゲームっぽいものを見せられるのはだいぶ先になるかとは思いますが;;
完成はいつになるやら知れませんが、1年1本くらい出せたらいいネ!

\いいねで応援!/