ふらいんぐパンジャンドラムさんをフォローして、最新情報をチェックしよう!

マイページへ

Ci-enはクリエイターに対して、金銭的な支援を送ることができるサービスです。

投稿記事

2018年 09月の記事(12)

深淵の探索者とハクスラ


現在制作中「深淵の探索者」
https://wargame.jp/?page_id=2060

本作のジャンルは、ハクスラダンジョンRPG。
メイン製作者の天音蓮人さんが、ハクスラRPGの金字塔「ウィザードリィ」が好きな事もあり、それをオマージュした作品になっています。


ただハクスラ(ハック&スラッシュ)という用語に馴染みがない人も多そうなのでここで説明します。
ハクスラというのは敵を倒して経験値や強力なアイテムを手に入れ、それを元手にさらに強い敵を倒していく事に重点を置いたゲームです。

パトルの軍事博物館も該当しそうですが、武器(兵器)のランダムバリエーションやランダムドロップがなく、他に重視している要素も多いので、典型的なハクスラとは言わない気がします。



深淵の探索者の場合、ハクスラ要素はなんと言っても武具の収集です。

本作は武具だけで1000種類以上と異様に多く、その大半は敵が落とす宝箱に入っています。

ショートソードという装備でも、より性能が高いショートソード+1だとか、素早さも上がる疾風のショートソード+2といった感じで、バリエーションがあるためここまで種類多くなっています。

深い階層ほどレアな武具が手に入る可能性が高いのですが、浅い階層でも稀に深部相当の武具が出てくるので、運が良ければ一気にパーティーを強化可能です。

逆に背伸びしてダンジョンの深部に行き、強力な敵と戦いつつ優秀な装備を狙うというのもまたよし。以前紹介したVP(バイタルポイント)という独特の耐久システムのため、ある程度格上の敵でも、無理やり倒せなくもなかったりします。

また中盤以降はレア宝箱を確定で落とす、レアモンスターなんてものもいたりします。


ダンジョンを探索して、敵と戦い、戦利品を手に入れる。そしてどれを装備するか考える……。RPGの基本ではありますが、深淵の探索者はこの部分が楽しくなるように特に力を入れて作っています。




あ、もちろんエロゲーなのでそちらの要素も充実しているのでご期待を!

イベントCGは四国志すぺしゃるの倍以上の35枚。へべれけ!系統と比べても1.5倍ぐらいとかなり多いです。そして1シーンあたりの差分数もこれまた1.5~3倍ぐらいとかなり豪勢な作りになっています。

\いいねで応援!/

覇県を握れ いろいろな県で楽しめるように その1


47都道府県で戦う戦略SLG「覇県を握れ」
https://wargame.jp/?page_id=2131

人口、経済力、軍事力、工業力等を統計データから再現した結果、各県は数百倍単位で初期パラメーターに差があります。

しかし現代の都道府県がテーマなのでプレイヤーとしては、自分の住んでいる県で遊びたいのが人情というものです。

自分の県が何も出来ずに1ターンで滅ぼされて面白いとは思わないでしょう。


制作上最大の課題&こだわりは、統計データから再現されたリアルなパラメーターで、どうやってゲームとして成立させるかと言っても過言でありません。何回かに分けて、いろいろな都道府県で遊べるようなゲームデザイン上の工夫について書いていこうと思います。



■内政と成長

覇県を握れ……というより四国志シリーズもそうなのですが、毎ターンエリアを1つ選んで、経済力だとか工業力だとかを成長させる事ができます。

信長の野望やシヴィライゼーションのように、資金などを使って保有している全エリアのパラメーターを上げるというのも考えた事があるのですが、採用しませんでした。

その形式だと、元から強い県が豊富な資金を突っ込んで加速度的に強くなってしまうからです。ただでさえ初期パラメーターの差が大きいのに、成長率まで強い県を優遇すると、弱い県が挽回しようがなくなってしまいます。

そのため覇県を握れでは、パラメーターを無償で1つ上げる。ただし1ターンに1エリアだけを基本にしています。



■初期資金

上で書いたとおり、本作の経済力(GDP)や財政健全度は統計データを元に設定しています。なので弱小県ほど収入が少ないうえに、高齢化などで赤字率だけはいっちょ前になります。

一方でゲームとして成立させるため、統計データとは別の部分でいろいろ調整しています。

まずゲーム開始時の初期資金は、基本的にどの都道府県も同じにしています。経済規模が小さい弱小県は初期資金だけでかなり食いつなぐことができる一方で、強豪県にとってははした金というわけです。



■日本国債

経済規模が大きな県ほど、初期債務額も大きいというハンデを与えています。日本国債を経済力に応じて引き継いだという設定です。

本来は財政に余裕がある強豪県でも、膨大な国債の返済に予算を割かないといけないので、ギリギリの財政状況になります。もともと財政がしんどい弱小県は初期債務額も低いので即死せずに済みます。



これらの調整により、弱小県の財政再建(収支改善)がやりやすくなっています。ただし経済規模そのものは小さいので、強豪県のように重税と地方債の乱発で戦闘機を大量導入するようなパワープレイはできません。弱小県は弱小県なりに工夫して戦う必要があります。

\いいねで応援!/

深淵の探索者 Hシーンの種類

現在制作中のR18ハクスラダンジョンRPG「深淵の探索者」。


公式ページ:https://wargame.jp/?page_id=2060

今回はHシーンの区分を紹介します。


  • ダンジョン内トラップ
  • ボスH
  • クエスト
  • ミニクエスト
  • その他ダンジョン内イベント

本作のHシーンはこんな感じに分かれています



ダンジョン内トラップ


↑定番トラップ壁尻

ダンジョンには貴重なアイテムが安置されている部屋があります。トラップを解除して宝物を手に入れようとするのですが、まあ大抵はこんな事になりますw。


ボスH



↑体験版よりケレイブ戦

一部のストーリーボスは、戦闘中に陵辱攻撃をしてきます。陵辱は徐々に侵攻していき、早めに拘束を解いたり倒さないと、犯されたキャラは戦意を喪失してしまいます。


クエスト


↑盗賊のアジトに潜入するも、捕まってしまう。

アイテムを集めるもの、ダンジョンにはびこる悪人の討伐、人探しなどいろいろなクエストがありますが、その過程でHシーンが起きます。



以下有料支援者向けに、未公開イラストと合わせて説明していきます。

【 裏入館料プラン 】プラン以上限定 月額:300円

先月以前に投稿された記事のため、この限定特典を閲覧するには[ バックナンバー購入 ]する必要があります。

月額:300円
購入する
\いいねで応援!/

パトロンからの支援金が月5万円を突破

Ci-enとEntyで受け取っている支援金の合計額が月5万円を突破しました!

多大なる支援ありがとうございます!

5万円という金額ですが、2016年春にパトロンサービスを使い始めた時に立てた目標だったりします。R18ゲームのイラストを、支援金だけでまかなえる事を基準にしていました。

当時はイラスト1枚あたり15000円、1作品あたり25枚ぐらい依頼していたので、パトロンサイトの手数料を差っ引いたとしても、月5万円あれば支援金からイラスト費を捻出できたのです。

その後イラスト外注単価を16500円、18000円、20000円以上と段階的に上げていったので、支援金だけではイラスト費を賄う事はできませんが、心強い事には変わりありません。

外注単価の向上も、当初から支援金の主要な目的として定めていました。イラストレイターさんや、作曲家さんにとっても依頼単価の向上はありがたいはずです。


今後も「不真面目なゲーム」をまじめに作っていくので宜しくおねがいします!

\いいねで応援!/

急募! 覇県を握れ 都道府県メッセージ案募集

戦略SLG「覇県を握れ ~47都道府県大戦~」。
https://wargame.jp/?page_id=2131

開発当初から入れたかったものの、余力がなかったため後回しにしていたシステムがあります。それは都道府県ごとの固有メッセージです。



↑甲子園球場の領有を主張しつつ、徳島県に侵攻する迷惑極まりない兵庫AI。とばっちり感がすごい。

侵攻以外にも、ゲーム開始、ゲームクリア、外交時などに各県の固有メッセージを表示します。

とはいえ僕だけでは47都道府県分のメッセージを埋めるのが難しいです。なにせ47✕6パターンで282種類……。そこで、二週間を目処に、メッセージ案を急募します! 奮ってご応募ください!



■応募詳細ページ(自前で用意したサンプルも載せています)
https://wargame.jp/?p=2641

\いいねで応援!/

記事を検索