M-designさんをフォローして、最新情報をチェックしよう!

マイページへ

Ci-enはクリエイターに対して、金銭的な支援を送ることができるサービスです。

即!3Dシリーズの開発状況について もろもろ雑記 2018.11.29版

現在はシリーズ13作目を開発しています。
2013年から開発しているので、もう6年目なんですねぇ~これもすべて皆様のお陰です!!

13作目は色白・病弱な白人キャラです。

即!3Dシリーズは、ディルド・ドリルバイブ・電マの頭文字を取って
「3D」という名前にしたんですが、今思えば3DCGの略みたいで紛らわしいですよねぇ…
即ぬきシリーズに名称変更しようかと迷っています(汗

Android版の開発は非常に難航しています。

画像ファイルを、DMMアプリ様の場合はDMM様サーバーに事前にUpしてアプリ起動時にダウンロードする仕組みにする必要があり、
DLsite様など他の販売サイト様ではアプリ単体に内包する方式のままで、
別々になってしまいました。

そもそもAndroidアプリ版は全画面とズームで2種類のモードがありますが、実は内部的には2種類の画像を切り替えて表示していて、Windows版の2倍以上の手間がかかっています。

そんなこんなで、開発するのが非常に複雑になってしまって、着手できないのが現状です。処理の大半を共通化して販売サイト様ごとの切替を簡単に動くように作れればいいんですが、良い案が浮かびません!


悩んで何も進まないよりも、イラストおよびボイスが完成している作品のWindows版リリースを優先したほうがいいだろうと思いまして、Windows版開発を進めています。
14作目まではイラスト・ボイスがあるので、あとは私が頑張るだけです(汗


今後もしかしたらですが、Android版をアプリではなく、
ぬるぬる動く動画(mp4)を作ればAndroidでもお楽しみいただけるので
Affer Effectやlive2Dなども勉強し試行錯誤しております。

できるだけ妥協せず、最高にお楽しみいただけるものを作れると核心が持てましたら、
本格的に着手したいなぁと思っています。

\いいねで応援!/