tozicode.comさんをフォローして、最新情報をチェックしよう!

マイページへ

Ci-enはクリエイターに対して、金銭的な支援を送ることができるサービスです。

近況報告的な。

水面下では色々制作が進んでいるんですけど、あんまり作品として出せるようなものが無いので、たまには近況報告的な記事をー。

カナデロオグがもうすぐ完成ということで、しばらく前から並行して次回作の制作も少しずつ進めています。

モーションエディタを作り直したり色々やっていたのでだいぶのんびり進行ではあるのですが、モーションもだんだん出来てきて、だんだん良い感じになってきましたー ヾ( ノシ*°ヮ。)ノシ

ご覧のように次回作では、カナデロオグの制作での教訓を活かして、素体モーションとパーツ群とを分けてモーションを作っています。
(カナデロオグでは変身フォームごとに個別にモーションを作っていたのでかなり無駄な労力がかかっていたんですよね…)

各キャラクターごとのビジュアルはこういう感じの一枚画像として作ってあげます。
(これは奏ちゃんの変身前の姿のボディパーツですね)

んで、こういう感じの素体パーツで作られたモーションを上記の画像で変換してあげることで、最初みたいなモーションが自動で出来ます。
こういうフローにしておくことで、少ない労力で沢山のキャラクターで沢山のモーションを作れるという寸法ですね。

もちろん昔から色んなゲームで行われてきた技法なので今さらそこまで目新しいものでもありませんが、こういったシステムをリョナゲーに導入することで、今までとほぼ同じ労力で「多キャラ」かつ「着せ替え有り」のゲームが作れそうです。(あとは服破けとか入れたり…)

このシステムを使ってどんなゲームを作るのかという話については、まだあまり細かいことは言えないのですが、ざっくり「聖剣伝説LoM」と「RyonaRPG」を合体させた感じのゲームを作りたいなーと考えています。
見下ろし探索パートと、ベルトスクロール的な戦闘パートと、マルチ主人公と、フリーシナリオ……みたいな!

カナデロオグでは制作やシステムの都合で入れられなかったえっちシチュとかも実現できるようにゲームシステムの方もじっくり作り込みたいと思っているので、これからカナデロオグが完結しても末永く応援していただければ幸いです!

\いいね・ツイートで応援ポイントを増やそう!/