ゴールデンフィーバーさんをフォローして、最新情報をチェックしよう!

マイページへ

Ci-enはクリエイターに対して、金銭的な支援を送ることができるサービスです。

投稿記事

アインスラー大陸の記事(7)

ゴロ帝国

アインスラー大陸において、歴史上で唯一大陸の統一を成し遂げた帝国。また、大陸史において最も長く王朝を維持している国でもある。

※以降はWE ARE BANDITS!!のネタバレが含まれている可能性があります。

フォロワー以上限定無料

「お前んところのサークル、気にかけておいてやらあ」という方向けのプランです。

無料
\いいねで応援!/

イトシヴ

ベルナ公国中央部に存在する街。
山々によって分割されているベルナの西と東を繋ぐ、交通の要所。


※以降はWE ARE BANDITS!!の重大なネタバレが含まれます。

フォロワー以上限定無料

「お前んところのサークル、気にかけておいてやらあ」という方向けのプランです。

無料
\いいねで応援!/

上級騎士

国王の十二盾

王国の中でもっとも優れた騎士に与えれらる称号。
「国王の十二盾」とも呼ばれ、国内最高の鍛冶職人による紋章入りの武器を与えられている。

定席は12。しかし、厳密に守られているわけではない。相応しいものがいない場合は空席のままとされるし、特例で増えることもある。

平時において上級騎士になるための試験は年に一度行われる。ただし合格者はたった一人だけで、非常に狭き門である。並外れた強さを持つことが絶対条件だが、あくまで前提のひとつでしかない。他にも、学力、教養など、試験項目は多岐に渡り、それら全てを潜り抜けなくては上級騎士の称号を得ることは叶わない。

新たな上級騎士が誕生し、その数が十二を超えると、もっとも古くに上級騎士になったものが席を譲る。

現在の上級騎士は11人。5対6で女性の方が多い。欠員は自ら資格を返上したものがいるため(ヴァネッサではない)だが、その者を含めれば5対7となる。これは王国の歴史の中でも初めてのことである。

才能ある女性を見つけては騎士としての英才教育を施す、元上級騎士の女性の存在が男女逆転現象の理由である。現在の上級騎士11人の中に彼女の弟子は実に3人も含まれており、ヴァネッサもそのひとりである。

\いいねで応援!/

アキツリッパー

神速無双

幾多の戦場を経て、ただの一度も傷を負うことがなかったと言われる名将が愛用していたとされる霊器。神速無双の槍という二つ名の通り、持ち主の速さを限界を超えて引き出す。

霊器は持ち主を選ぶとされるが、アキツリッパーは純粋な忠誠心を持つ者に力を貸す。忠誠を捧げる相手は人に限らず、神や、また信念などの形なきものであっても構わないとされる。

アキツリッパーを巡るベルナとハナディアンの因縁

※これ以後には、ウィーアーバンディッツのネタバレが含まれます。

フォロワー以上限定無料

「お前んところのサークル、気にかけておいてやらあ」という方向けのプランです。

無料
\いいねで応援!/

ベルナ公国

アインスラー東大陸の西部に存在する、王国傘下の国。
公都はベリフォール。

東大陸のほぼ全てを手中に収める広大な王国圏の最西端に位置する。

ベルナ西部には肥沃な平地が広がっており、馬の産地でもある。加えて、北部の山脈には竜が住まうなど、為政者にとって非常に魅力的な土地である。
しかし、ある理由により西に隣接するゴロ帝国からの侵略を宿命づけられているため、征服当時の国王は直轄地とせず、ゴロに対する盾として最も信頼していたベルナ公爵にこの地を与えた。

以後、この地は「ベルナ公国」となり、代々の公爵が治めることになる。ウィーアーバンディッツ開始時点の国主は五代目(公子ルージャは六代目となる予定)
なお、これはあくまで国主としてであり、公爵としての家系図はもう少し長い。

世襲でありながら、代々名君を輩出すると評判である。外部からの侵略はあるものの、政情不安に陥ることが少ないため国は順調に発展し、公都ベリフォールは王都に次ぐ都市であるとも言われる。
そのため他の領地持ちの貴族から妬まれることも多く、実際に第六次ゴロ・ベルナ戦争においてベルナは他国より海上封鎖以外の支援を得ることが出来なかった。こうした国内外の貴族間の諍いが救国のベルナ三勇者を生み出す下地となる。


西部~中央部は近隣随一の穀倉地帯である。天候不順に見舞われる可能性も低く、ベルナの国庫の安定を支える。

南部は平地が少ないものの、柔らかく加工に向いた樹種が生息しており、林業が盛んである。

対して東部は土地が痩せており、栽培可能な作物も限られ、石材・鉱物資源の産出が主な産業になっている。しかし西部の豊かさには及ぶべくもなく、この東西格差がベルナを治める上で慢性的な悩みの種となっている。

アインスラー大陸には霊器と呼ばれる特殊な武器を国の威信を示す道具とする慣わしがあり、ベルナには現在、この霊器が三器存在する。

金の鬣、グトルファフシ
戦の羽飾り、グンフィエズル
神速無双、アキツリッパー

北方の隣国を治めるハナディアン家とは、アキツリッパーを巡る因縁がある。

\いいねで応援!/

記事を検索