ののの通信さんをフォローして、最新情報をチェックしよう!

マイページへ

Ci-enはクリエイターに対して、金銭的な支援を送ることができるサービスです。

本日の作業 女武闘家チャム

魔王軍へようこそ5の追加要素、本日の作業は『女武闘家チャム』さんの追加イベントです。 チャムさんの追加は先日完成しておりまして、さっそく紹介からです。


こちらが女武闘家のチャムさん


チャムは未開の地の魔物を狩る中級の冒険者で、一撃必殺をモットーにしています。
とても強力な攻撃を放ってくるので、要注意です。
ただし、そんなチャムも倒してしまえば女の子。
Hでは可愛らしい側面も見せてくれます。

Hサンプル


Hシーンでのチャムは、一撃必殺の弱点を持っています。
弱点を攻めれば、心では抵抗していても、直ぐにメロメロに……

イベントサンプル

そんな事があったある日、俺は唐突にチャムに呼び出された。
待ち合わせ場所に向かうと、チャムはなにやら一人でブツブツ呟いている。

チャム「、好きだぞ!…………とか……んー、ちょっと違うなー。 でもー……」
プレイ「どうした? 何が好きなんだ?」
チャム「ひゃっ、声に出てた?! な、なんでもないっ!」
プレイ「呼び出しておいて、そんなわけがあるか。 様子だって明らかに変だぞ?」
チャム「それはその……、前にはちゃんと言えてないから、言っておきたくて……」
プレイ「前? ちゃんと言う??」
チャム「う~~、その……<プレイ_名前>のこと、好きって……」

チャム「あ、あれから変わったんだ! 気持ちいいからじゃなくて、キスが大人だからじゃなくて…………ホントに好きだって」
プレイ「チャム」
チャム「ひゃ、はいっ!」
プレイ「俺もチャムを大切に思ってるぞ。 手放したくない女性だと思っている」
真剣な顔で、チャムにそう宣言してやる。

チャム「あ……う、うん……わかってる。 だってそんなの、当たり前だしっ!」
チャム「でもその…………、ありがとっ!」
それがよほど恥ずかしかったのだろう。
チャムはそう言うと、顔を真っ赤にして走り去ったのだった。
【 ベホイミプラン 】プラン以上限定 月額:500円

先月以前に投稿された記事のため、この限定特典は閲覧できません。
(まもなく過去記事の購入機能を追加予定です)

\いいねで応援!/