広崎悠意さんをフォローして、最新情報をチェックしよう!

マイページへ

Ci-enはクリエイターに対して、金銭的な支援を送ることができるサービスです。

「触手くんF」はどんなゲームだろうか?

説明臭くなるので予告ページよりこっちに書こうと思います。

 とりあえず「触手くんF」は「触手くん」の続編ではありますが、前置きはゲーム中で語られるので単独でやっても問題ないと思います。
 主人公は別個体ですし。
 世界観は共有していて、だいたい五年後くらいの話です。

 前作の事件で、人間の中に亜種族が混じっていることが公然の事実となっています。
 でも、完全に擬態していて、もはや擬態と言えないくらい人間そのものなので抗争とかは起こってません。
 でもなんだか嫌なかんじもして、みんな疑心暗鬼になっています。

 そんななかで、はっきりと形が違う亜種族の元祖、触手生物として出現したのが主人公です。
 そのままでは弱っちいので、そんな不穏な世間の中では暮らしていけません。
 でも苗床を囲って成長するのもことさら危険な世の中です。

 そんななか、現れたのがギゼムです。
 彼女は自分が亜種族であることも自覚しているので、触手生物を敬って助けてくれます。
 でも敬ってる割に苗床にはなってくれません。
 そのかわり、協力すると言ってくれます。
 そういうところから冒険が始まります。

 初めに出会うギゼムが苗床になってくれないので、初調教シーンまではちょっとゲームを進めないとなりません。
 前作の奈美は、アレな奴だったのですぐ襲えましたが……。

 システムは前作とほぼ一緒です。
 街で苗床に関する情報を集めて苗床を探し出して監禁する感じです。
 ちょっとした追加要素として回復アイテムがあります。
 前作では草むらとかのトカゲとかを喰ってましたが、チョコレートとかイナゴの佃煮とかもらえることがあります。
 トカゲも居るので食うに困る事は無いと思います。
 保存食として調教中にも使えるので、もうちょっとでイかせられそうなのに体力がない!
 ……などという時にあると便利です。

 エンディングは各ヒロイン毎のマルチエンドです。
 前作同様、一定以上かついちばん従順の高いヒロインを苗床にして最終進化すると、そのヒロインのエンディングになります。

 調教項目も前作とあまり変わりないですが「高速ピストン」が追加されてます。
 内容はそのまんまですね。
 でも、きゃーきゃー言うのでエロいと思います。

 今回は世界の謎も含んだシナリオで、ちょっとだけ前作より長いです。

 今言えるのはそんな感じでしょうか。

\いいねで応援!/