KLV Canvasさんをフォローして、最新情報をチェックしよう!

マイページへ

Ci-enはクリエイターに対して、金銭的な支援を送ることができるサービスです。

投稿記事

RPGツクールの記事(3)

VGM Collection Vol.4 発売!!

VGM Collection Vol.4: EDM/Clubsoundsが発売と相成りました。同人ゲーム界隈ではたぶん珍しい、クラブ系トラックのロイヤリティフリー素材です。いきなり余談ですがくらびすたはメロディ主体のもの(ジャンル)を「楽曲」「曲」、ヴァーヴァープゥプゥといったFX的な音が主体のもの(ジャンル)を「トラック」と呼び分けています。数える単位では「曲」「トラック」どちらも使います。どうでもいいですね。

今回もジャケットもとい作品ページ用紹介画像は手作りです。ちなみにこのDJは僕です。実はここ数年でDJもするようになりまして、まあインターネットミームに汚染されたふざけたプレイングしかしていないんですが、たまーに現場でも演らせていただいています。

制作期間: 3日と5年

収録楽曲は全て既存曲のリビルド版です。作るの楽ちんかと思ったら全然そんなことありませんでした。VGMCの特徴でもあるパート別音源の用意やループの仕込みの工数が意外とバカになりません。しかも昔の曲(いちばん古いのは2013年のもの)ですから今よりミキシングがうんと下手で、ワークフローも汚いし、そのくせ自分可愛さの為に作っているせいでパート数だけずいぶん多く、実際過去最高に手間がかかりました

ボーナスの4トラックは少し事情が違っていて、これらは当時CDなどに収録したときの音源をそのままフォルダーに放り込んでいます。murder murderだけはツーミックスしかなかったので今回マスタリングしました。CD用なので量子化ビット数は16です。(ハイレゾではありません)

クラブ系ジャンルの持つ性格

そう、クラブミュージックっておおよそ自分可愛さ(目立ちたがり)で作るので、他のジャンルとはいろいろ勝手が違うんですよね。僕がここで語りたいのは人間性音楽性云々ではなく同人ゲーム作家が使えるような素材が生産されるかどうかという点です。

DQやFFに感化されて素材用にオーケストラ曲作ろうって流れはありますけど、BEMANIに感化された人ってたいていそのまま自分や友達のDJプレイの為にトラックメイキングをするようになるんです。「元からBGMとして流れている場合」か「音楽それ自体をアミューズメントの核にされている場合」の差ですね。リッジレーサー人口がビートマニア(5鍵)人口を大幅に超えていれば今よりテクノ/ドラムンベースのBGM素材も多かったかもしれません。

あと、これはいささか傲慢かなと思うのですが、そういう事情があることからか、どうも「素材屋さん」が作るテクノ類って若干しょっぱいのが多い気がしていました。そこはやはりシンセをバチバチに使い倒す(使い倒してでも作りたい人が作る)ジャンルですから、「このサウンドがええねん!」というモチベーションによって出る美味しさの占める割合が大きいのかなぁと。

そんなことも考えつつ、僕がいちばん音ゲーに影響を受けていて、お金になるならない以前のやる気だけでゴリ押ししていたような頃の曲も、耐え難きミキシング地獄に耐え忍び難き恥を忍び収録に及びました。今このくらいの熱量でクラブ系を書いてと頼まれたらそれなりの値段を申し受けると思います…。最低でも諭吉でスマブラができるくらい。

とはいえ素材が少ないジャンルですから、これが好評なら書き下ろしで続編を制作することも考えています。くらびすたはジーコジャパンを応援しています。

くらびすたはそんなにクラブ系ガチなん?

そんなことはありません。正確にいうと一時期そのつもりでいましたが、その器ではないと数年前に気付きました。自分がどうやら、ある音楽ジャンルを極めるより演出やミーム性に訴えかけたいタイプだということを、PSO2やアイマスにドハマリするのに連れて理解した感じです。

ただ「昔取った杵柄は活かしておきたいな」という気持ちと「器用貧乏バンザイ、何ならEDMにジャズっぽいコード進行入れちゃうぞ」といった気持ちがある(いやFuture Bassとかオシャレテンションコードまみれやけど)ので、今もこの手のスタイルの音楽を作るのには前向きです。

これからもいろんなジャンルの美味しいところを界隈をまたいで広めていくためにも、(ジャンル警察に目をつけられない範囲で)僕なりに活動をしていきたいなぁと思っています。VGMC4に入っている曲もざっくりジャンル名書いてあるけどアテにしないでね。

作品ページ


ロイヤリティフリー楽曲素材集 “VGM Collection Vol.4: EDM/Clubsounds” [KLV Canvas]| DLsite 同人

次回予告

今回の制作にあたってはテーマをTwitterのアンケートで決めました。「クラブ、EDM、フェス」は17票中8票でした。他の候補は「ヒーリング、アンビエント、サイバー」(5票)、「インド、アフリカ、ラテン」(4票)でした。「ヒーリング、アンビエント、サイバー」は次回「VGM Collection Vol.5: Ambient/Cyber」として制作する予定です。(予定です。) Vol.4同様、過去曲を再構築したものを主軸に書き下ろしも作れそうなら、といった感じになると思います。

\いいねで応援!/

DSKB for Followers (DSKBf) ダウンロードページ

Ci-enフォロワー限定特典プログラム「DSKB for Followers(略称:DSKBf)」のダウンロードページです。

DSKBとは

KLV Canvasが展開しているR-18利用歓迎(!)素材集シリーズです。「ドスケベ」と読みます。エロRPG作者さんにも高品質な効果音を提供したい!という気持ちで制作した汁モノ系パック「DSKB Vol.1」が最初です。

DSKB for Followersとは

没音源や練習音源のうち使えそうなものや古い音源をまとめたKLV Canvas初心者用/布教用パックです。
手前味噌ですがKLV Canvasは他の多くの素材サイトさんより良い材料、良い機材、丁寧な処理で制作しているという自負があります。美味しいよ。
フォローは無料ですから、気軽にお試しください。

フォロワー以上限定無料

DSKB for Followersをダウンロードできます。

無料
\いいねで応援!/

インタラクティブBGM再生システム(仮)

まだ詳細は煮詰まっていないのですが、デベロッパーらしいことを書いてみたいなと。

インタラクティブBGM再生システムとは

ゲームサウンド開発の文脈において、状況に応じた双方向(インタラクティブ)なBGM再生を実現するシステムのことです。(そのまんまである)
アイデア自体は割と昔からあるようですが、複数のパートを組み合わせるなど本格的なものではセガの「ファンタシースターオンライン」シリーズがかなり先進的なものといえると思います。「ファイナルファンタジー」や「ゼルダの伝説」でもそういうのがあったはず。(この手の技術は各社が手を変え品を変え特許を持っているみたいです)

成果の中心は定義ファイルの仕様

まずはこれをしっかり組み立てないと、拡張性や移植性に響いてしまいます。あまり派手なことをするつもりはないので、こちらでサポートするのは基本的な「ジャンプ」「クロスフェード」「テンポ合わせ」あたりに絞ります。
つまり簡単なオーディオミドルウェアないしDJ環境を構築しようということです。ただこの計画ではDJ本人はさほどおりこうではない(「ピンチ値」などを評価するプログラムは持たない)ので、トリガーはゲーム本体に直接仕込んで使う形になるかと。
それでも「ボスの形態変化でBGMを途切れさせず再生させる」くらいはできる(予定です)ので、なかなか画期的なのではないでしょうか。

オーディオミドルウェアとは

CRI社のADX(CRIWAREファミリー、ACゲームやスマホゲームでもよく見るロゴ)やAudioKinetic社のWwise(ワイズ)に代表される、サウンドの組み込みを効率化するソフトのことです。

最初のターゲットはRPGツクールMV

とりあえず自分が使える言語で開発します。ツクールMVはWeb APIに基づいている(たぶん)ので、AudioContextインターフェイスを活用すればまさにDJ的なエフェクトも多少つけられると思います。

対応音源

VGM Collectionだけにして市場を独占、などというケチなことは考えていません。他のBGM作家さんの音源も定義ファイルを書きさえすれば使えるようにしたいですね。

リリースの時期と形態

すっかり未定です。今抱えている案件が一段落ついたらちびちび触っていくつもりです。秋くらいには何かまとめておきたい。

定義ファイルの仕様は公開するつもりですが、MV対応プラグインはどうしようか迷っています。スクリプトで有償頒布というのもあまり多くはないでしょうし。


そんな感じです。今後もより一層サウンド開発を頑張っていきますので、ご注目、ご支援のほど、よろしくお願いいたします!

\いいねで応援!/

記事を検索