KLV Canvasさんをフォローして、最新情報をチェックしよう!

マイページへ

Ci-enはクリエイターに対して、金銭的な支援を送ることができるサービスです。

投稿記事

音楽の記事(5)

音量調整のイロハ

2018/09/17追記: 記事タイトルを「フリーソフトで済ませる音量調整」から変更しました。

「とりあえず正規化」のワナ

BGMや効果音の音量調整の手法としてよく見かけるのが「正規化」です。僕も実は何が正規なのか、invalidやunauthorized、illegalな音量があるのか、よくわかっていないのですが(?)、つまるところ「オーディオのピークを0dBに合わせる」工程を指す言葉です。

この「ピーク」というやつがプロでも厄介なのです。

上の画像はAudacityで適当な音源を開いたときのスクショに説明を付けたものです。

ピンクで示してあるようなトゲトゲ(以後、"ピーク成分"と呼びます)は、波形の中でも音の細かいニュアンスを出す成分です。(本来この部分もひとつながりの波形なので、「成分」という呼び方はふさわしくないかもしれませんが、便宜上。) 数年前のEDMなどではこの部分を極力削減するような音源の仕上げ方が流行っていました。

そこで生まれた余白をオレンジ(以後、"ボディ成分"と呼ぶことがあります)で埋めれば、音の繊細さ、ダイナミクスを犠牲にパッと聞いた感じをデカくでき、カッコいい風に勘違いさせられるわけです。詳しくは「音圧戦争」でググってください。今はいろんな業界の働きかけでこうした傾向は薄れていますが、それでも結構大胆というかなんというか…な人はバカデカい音量で音源を出しています。

あと「音割れポッター」のような音割れ芸の音源はほとんどオレンジの部分しかありません。逆にあんな乱暴な音がピーク成分を保持しながら綺麗に音源に格納されているはずがない。そうそう、音割れポッターごっこがしたくて最近「ハリー・ポッターと賢者の石」のサントラCDを買いました。しかも輸入盤。

正規化は単純にピークを0dBに合わせる処理ですから、ピーク成分が波形のどれだけを占めているかは全く考慮しないのです。

音量ではなく、音量感を整えよう

SoundEngine Freeの「オートマキシマイズ」などでは「音量感の調整」が可能です。SoundEngineにも正規化コマンドはありますがオートマキシマイズを選んでください。

SoundEngineのオートマキシマイズがチェックするのはボディ成分です。例えば音源すべてをそこそこ大きめに揃える場合、ジャズなど元がしっとり目に仕上げてある音源はガツンと音量が持ち上げられ、音圧戦争の兵士たるロック系の音源はほんの少ししか持ちあがらない/むしろ音量を下げられる、といったことが起きるでしょう。

順番が前後しますが、逆に同じ「音量感」に揃えた場合の各音源ごとのピークの違いの例をご紹介します。SoundEngine公式サイト記載の解析タブの仕様も参考にしてください。(僕自身こんなページがあったんだと今更知りました)

後者は音量感を-18dBにしようとした結果ピーク(最大音量)が0dBの天井をぶち破っています。クリッピング=音割れの発生です。特にゲームで使用する場合は気持ち小さめに整えるのがよいでしょう。実際のプレイングで音が割れるのは最悪防げないとしても、元となるオーディオソースの時点でクリッピングしていては話になりません。

最後に(PRを兼ねて)

難しくなってきたら音屋さんに投げるのがいちばんです。

特に音源の数が増えてきたり、音源によって制作者や制作時期が違ったりすれば、ただのオートマキシマイズでは自然な聞こえ方にするのがとても難しくなります。こういった場合には、「整音」を専門的に扱うことのできる人を頼ったほうがいいと思います。

楽曲制作よりも必要な作業の工数が大きくバラけやすいため、KLV Canvasではお見積りにあたり音源の詳細と予算観のご提示をお願いしております。お気軽にご相談ください。

\いいねで応援!/

使用許諾条件や楽曲タイトルの取扱いについて

今回は文字ばっかりでつまらないと思いますが、大事なことですのでぜひ読んでください。

KLV CanvasのWebサイト内DSKB/VGM Collection サポート情報ポータルページ記載の使用許諾条件は、時々更新されています。「以前までOKだったのにNGになってる!」ということはおおよそないはずですが、マメにチェックしてくださいね。別途問い合わせがあったものや、ゲーム作家さんの話を聞いていて「これは書いたほうがいいな」と思ったことを、基本の5条に補足しています。

直近では、

(ロイヤリティフリー) 当該パックの使用にあたって、料金の追徴は発生しません。

例外として、カスタムシミュレーターなど「ソフトウェア内部で素材として取り扱う」ケースにおいてパック全体 (DSKB Vol.1 のようにバリエーションを持つ場合は任意の 1 種類) の音源ファイルの半分以上を使用する場合は特別ライセンスを発行いたします。メールにてお問い合わせください。

(著作権の保持) 当該パックの著作権は KLV Canvas に帰属します。使用にあたってはあなたの成果物の Readme ファイルなどにクレジット表記を入れてください。(例: “DSKB Vol.1 - © KLV Canvas”, “[BGM] くらびすた/VGM Collection Vol.2”)

Twitter/メール等での使用報告は必須ではありませんが、モチベーションの増進に繋がりますので可能な限りご協力いただければ幸いです。

楽曲に新たなタイトルを付与することは同一性保持権の侵害にあたります。

といった部分を付け足しました。特別ライセンスについては「まるごと収録して、更にプレイヤーさんに好きなように使わせたい」といった相談を受けたため設けました。一部のファイルのみを抜粋して組み込む、一般的な利用では特に意識する必要はありません。また、この記事の公開より前にリリースされた作品については遡及しません。

今回詳しめにお話したいのは、後者の「楽曲に新たなタイトルを付与すること」の問題点です。

タイトルの大切さ

本格的な話を進める前に、まず僕くらびすたの楽曲タイトルに対する考え方を説明させてください。

メロディなどというものはそのままだと周波数の変化を12段階に分けて弄ぶだけの、数学的ゴミなんです。このことはメロディ以外のメソッド(ドラムやノイズなど)を積極的に利用するテクノ/クラブミュージックの隆盛によって近年ますます顕著になっています。

ただこのゴミに感銘を受けてしまうのが人間というもので、しかもこのゴミは伝染します。ミーム(meme)という言葉があるように、文化的な遺伝子として、友達、親子、街、国といったスケールでどんどん広まるのです。場合によっては最初に作った人間とは別の人間が翻案したものを発表するでしょう。

となれば、その選りすぐりのメロディはユニークな名前で識別しておかないと不便です。一度命名しておけば、そのメロディに対する名誉も、名前によって集中させることができるようになります。メロディに「一人前」の「尊厳」が与えられる瞬間です。(メロディがない音楽はガラクタのまま、ということではありません。むしろメロディがないにもかかわらずタイトルをつけられているのなら、エラい上に愛されているものですよね)

大げさな話をしましたが、つまり楽曲に与えられる名前は、親が自ら産んだタンパク質の塊をひとりの尊厳ある人間として自他から識別できるようにするために与えるそれと、同じ重みがあって然るべきなのです。

別に「奏」と名付けられた子が音楽家にならなくてもいいし、「駿」と名付けられた子が徒競走でビリでもいいんです。親が「奏」や「駿」に見出した何かを、子や子と関わる人間が受け取り、人としての営みを少しでもより良くできるならそれで十分なわけです。

ただし、なんだかつまらないから、こっちの方がいいと思ったからといって、その相手を本人の承諾していない呼び名で呼ぶのは、とんでもない失礼に当たります。

これと同じことが楽曲のタイトルにもいえると思います。

くらびすたの場合

ゆえに、(VGMC1のような例外もありますが)自分はなるべく2語以上で他と重複しにくいタイトル、1語でも一捻り入れたチョイスにすることを心がけています。またタイトルが思いつかないような場合、先にタイトルを考えているのにしっくりこない場合はそれだけ洗練されていないメロディだということでボツにしています。

せめて自分が産むなら、責任を取りたい。なるべくちゃんと練ったメロディとよく考えたタイトルのセットで世に放ちたいのです。

ですから、無題もしくはそれに近いタイトル(村1.wavとか)で素材を公開するのは、自らゴミ扱いされやすくするような行為ではないか、というのが率直な考えですし、「素材にタイトルが付いているとイメージが限定されて使いにくい」といった風潮もなくなってくれたらな、と思っています。その程度で本当に使えなくなるほど音楽素材のポテンシャルも作家さんたちのクリエイティビティもヤワではないと信じています。現在の使用許諾条件、最後の文言を引用します。

楽曲に与えたタイトルは作者からの「こういうつもりで作ったけど、どうかな?」という問いかけです。「気に入らないから最初からその曲名ではなかったことにしよう」とされては困りますが、「自分が思い至った、本家とは違う解釈で魅せよう」という変化 = 返歌はたいへん嬉しいものです。そのドラマがわかるよう、クレジットの際はオリジナルのタイトルを明記してください。

素材作家とゲーム作家の激突もまた良し。人間的な営みをしましょう。

掲載したきっかけ

以前、ゲーム作家さんの集いで「ボスのグラフィック素材を雑魚キャラに使われて素材作家さんが怒った」事案があるということを知り、他人事ではないなぁと思った次第です。

ちなみにこの事案(本当にあったのかな)についての僕の見方としては、「多くのゲームでボスを務めるドラキュラすら束ねるもっと大いなる闇の存在があるなら、そういったこともあるかもしれないけど、そうでもなくただ見た目からの思いつきで使われたならちょっとかわいそうかな」といった感じです。

でもぶっちゃけ

本当のことをいえば、ドット絵にしろスチルにしろ音楽にしろ効果音にしろ、全てワンオフで作れるのがいちばんいいですよね。僕自身、素材として作るときと個別請負で作るときとでは気合の入り方、筆の乗り方も全然違います。お金のこともそうですが、「うわー、これはゲームにばっちりハマるわ!」という手応えと喜びがありますから。

そういった意味でも音楽の素材制作よりもDSKBやワンオフBGMの制作を優先させていますし、無料公開の素材も相当後回しにしております。何卒あしからず。

法律的にも

同一性保持権というものが規定されていますから、タイトルの変更は訴えられると分が悪い内容です。くれぐれもお気をつけて、もしタイトルにそぐわないシチュエーションで使いたい場合は堂々と元のタイトルで。

人間的な営みをしましょう。

\いいねで応援!/

DSKB3制作とかプラグイン開発とか

また半月も放置してしまいました。いけませんね。
とにかく何か出来事が起きたらTwitterに書くのが癖になっているのでCi-enを後回しにしてしまいがち。どうせあちらはシコ報告ばかりなんだから、真面目なことはこっちに書けばいいのです。まったくもう。

近況報告

7月後半は何かとレコーディングをしていました。天神祭ではガヤを録りました。これは加工してDSKB Vol.2に追加する予定です。

実は天神祭はおまけでした。前日Twitterでアリスソフトさんがビルの一部を公開してグッズを販売するらしいという旨を読んで、敬虔なアリスソフトファンでもあるところの某ジーコ作家さんと覗きに行こう、という流れになったのです。「これが…エロゲ会社…!」と少し興奮しました。

DSKB3制作について

あと部屋の中でグラスを落として割ってしまったので、たくさんシャリシャリさせて音を録りました。ウィルキンソンのおまけとはいえ、割とお気に入りのグラスだったので寂しいですが、DSKBにして売れたらそれ以上の回収になるので、実質アドです。割れたグラスの音は多分氷属性攻撃に化けると思います。

それから今度スタジオを借りて炎や風のもとも作ってこようと思います。お盆過ぎくらいの制作、リリースを目指します。多分炎/氷/風あたりに絞った「魔法系SEパック前編」になります。雷/光/闇は後編かな。

プラグイン開発について

ちょっと停滞していたのですが、ひょんなことから会社勤めを含むプロの音屋さんとの繋がりができ、サウンド開発での相談先ができたことで俄然やる気が上がっています。まずは基本的なテンポ管理/再生位置監視を実現する「DJプラグイン」を作ります。これだけでもそこそこ修羅の道だとは思います…が、10月初旬には何らかのわかりやすい進捗報告ができたらなと思っています。

MIDI検定1級受けます

微妙にゲームサウンド開発とは関係ないところではありますが、受けます。去年惜しいところで落ちてしまったので、今年こそ受かりたいです。これはシンセサイザーや各種音響機器の通信規格であるMusical Instrument Digital Interfaceの制定元・音楽電子事業協会(AMEI)が実施する、これら機器の扱いや楽曲制作系の業務の腕前を認定する試験です。4級から1級まであり、1級はAMEIのWebサイトに名前が載るという代物です。「君はものすごくシンセを使うのがうまいね」という感じの資格なので世界がガラッと変わるものではありませんが、プロの嗜みといいますか(イキってる)、「ちゃんと信頼に足る音屋ですよ」というのを売りにしたいと考えています。今の時点でも2級なので「十分シンセを使うのがうまい」はずです。ご依頼募集しております。

\いいねで応援!/

My New Gear: XDJ-R1

もしかしたらこの記事を読んでいる人にはMy New Gearを初めて目にする人もいるかもしれない。ミュージシャンとかが新しく機材を買ったときに(Instagramとかに上げながら)使うフレーズです。ググるとたくさん機材自慢が出てきます。

先日Twitterでアンケートを取ってみたところ、思いの外機材の話って興味を引くところがあるようで、自分も記事にしてみようと思った次第です。確かに僕もペンタブの使い心地とか、使いもしないのに気になるし。

XDJ-R1

今回導入したのはパイオニアのオールインワンDJシステムXDJ-R1です。Twitterのフォロワーのお兄さんから破格の値段で譲り受けました。流石に新品を自腹で買う度胸はありません…音楽好きの嗜み兼SE制作のお供、といった狙いがあります。

rekordbox dj

これ単体でももちろんプレイはできるのですが、公式サイトを見るとわかる通り、現行最上位モデル(オールインワンならXDJ-RX2、プレイヤー単体ならCDJ-2000NXS2)はなんとフルカラー液晶がついていて日本語表示にも対応しているんです。これが非常に羨ましい。あと通っていた専門学校で触っていたのがDJミキサーDJM-900NXS2を加えたNXS2セットだったので小さいドットマトリックス画面だと少ししんどいんです。甘えといえばそうなんですけど。

なのでおうちでプレイする分にはDJソフトを入れたパソコンにDJコントローラーとして繋いで、選曲やステータス確認をパソコン側、ツマミの操作をXDJ-R1側で行うというスタイルを取ることにしました。その様子が先頭の写真です。MacBook ProでDJとか完全にイキりやん。

DJソフトはいろいろありますが、同じメーカーのソフトということもあり速攻でrekordbox djに決めました。もともとファイル管理にはこれの下位版として提供されているrekordbox(無印)を使っていたので、そのままの流れです。

出演情報

流石にこれをこの場所で書くのは少し場違いかな、と思いつつ…
はります!!ーHarim@sーアイドルマスターオンリーアニクラ
7月14日に兵庫県・加古川市(めっちゃ地元!)で開催されるクラブイベントでデレマスの曲をかけさせてもらえることになっております。残り2週間、XDJ-R1もガンガン使ってきれいに繋げられるよう練習するぞ〜。お近くの方でアイマス好きな方いらっしゃいましたらぜひお越しください。「Ci-en見ました」とくらびすたに話しかければ…別に何もありません。

そんなわけで、新たな武器を手に入れ更にモチベーションが上がったくらびすたをどうぞよろしくお願いいたします〜。

\いいねで応援!/

LilitalesOST_LastBattle(Athena)の原曲とその手書き楽譜

こんばんは。Switch版スマブラの情報が出ましたね。小学生時代にDXを友人宅で、専門学校時代にfor 3DSを教室と熱帯でしこたまプレイしていた身として、とてもアツい発表でした。12月までにSwitch資金を貯めなければ!お仕事はいつでも募集しております。(ゲーム向けの受付要項はCi-en周りに集約していくことを考えています)

さて表題の通り、73号坑道さんのLilitales -リリテイルズ-にて制作したラストバトルの原曲にあたる習作「Luscious Dance」およびその楽譜を発掘したので支援者限定で公開します。楽譜はハモリを検討していたときの分と思われる4小節分だけなのですが、まあまあ貴重な資料だと思います。

てっきりこれを発掘したときはズバリラストバトルそのものの楽譜だと思ったのですが、よく思い出してみればラストバトルは昔オブリガート(=副メロディ)を作る練習として作ったLuscious_Dance.flpを思い出しながら制作したものでした。というわけでプロジェクトファイルも掘り出しました。(掘り出したのは楽譜が先でした)

身内にしか聴かせていなかった習作がえらい出世をしたものです。ちなみにlusciousは「ラシャス」と読みます。今知りました。「甘美な」「官能的な」という意味です。当時からSuccbus Quest 短編の影響でエモくてエロい曲を作りたかったようです。

(2014年6月22日0時31分プロジェクトファイル立ち上げ)

ご丁寧に同じフォルダーにはこのようなスクリーンショットが保存されていました。当時身内の間で「深夜の1時間DTM」が流行っていた覚えがあるので、その証明のためでしょう。

あれ?でも楽譜はバイトの暇な時間に書いていた覚えがあって…うーん?楽譜には日付を書こうな。たぶん、

  1. 2014年6月、Luscious Dance作曲
  2. 2015年2月、Lilitales書き下ろしBGM一式受注
  3. 2月下旬から3月上旬にかけて、検討用に書き起こす

という流れだと思います。違うかもしれない。

ここからはDuoプラン以上の方を対象に無修正楽譜とLuscious_Dance.mp3、およびそれらへのツッコミや今だからできる音楽的な添削を掲載します。譜面にモザイクかけるのは少しずるいとも思うのですが、結構恥ずかしいので。自分でもとても気に入っている曲なのですが、4年前の制作物に向き合うのはなかなかエグいですね。かなりのボリュームになりそうです。

【 くらびスタジオ見学プラン 】プラン以上限定 月額:300円

先月以前に投稿された記事のため、この限定特典を閲覧するには[ バックナンバー購入 ]する必要があります。

月額:300円
購入する
\いいねで応援!/

記事を検索